トレイルフェストランニングカンパニー

京都 河原町にあるランニングとトレイルランニング専門店のスタッフブログ

2019年11月15日金曜日

気がつけば今週末は神戸マラソン!!

こんにちは。

中谷です。


黒井城、黒井城、黒井城。。。

そんなことでずっと頭がいっぱいで、完全に周りが見えていなかったのですが、、、気がつけばもう今週末はいよいよ神戸マラソンですね!!

来月頭には大阪マラソンと、すっかりマラソンシーズン真っ只中!!

参加されるお客様も非常に多いのではないかと思います。




今回はそんなマラソンのことについて述べてみたいと思います(^^)

使ってる人からしたら当たり前過ぎることだけど、知らない人にとっては「そんなこと知らなかった」とよく言われる商品について紹介します(^^)


マラソンで難しいことの1つにウェアリングというのがあります。

スタート前は寒いけど、スタートしてしまえば結構暑くて発汗量も多い。

でも発汗量が多いだけに後半は汗冷えして寒くなったり、ウェアが不快な状態になったり。。。

これは多くの人が経験することでしょう。


実は、そうならない為の商品として、インナーという物が存在します!!


僕も2年前に福知山でベストを更新した時は、気候の変化が激しく34km地点ぐらいで嵐のようなのが来てかなり厳しかったのですが、インナーを着用していたことで完全に身体が冷え切ることなくベストを更新できました。

毎年走る篠山も30km以降で風が強く、インナーの存在が大きいなと感じています。


そんなこんなで、
今回は個人的にオススメのインナーについて順番に述べていきます。



【オンヨネ】BREATH TECH PP 






ウチで最もオススメしているインナーがこのオンヨネのPPアンダー!!

発汗量が多い時、寒暖差がある時、肌寒く感じるこれからの季節のマストアイテムです。

トレイルを本格的にやってる方にはインナーは割と当たり前の感覚があるのですが、マラソンとなると意外と知らない方も多いように思います。


こういった疎水系(汗を肌から離す)インナーが1枚あることで、汗のベタつきがなく寒暖差や気候の変化にも対応できます。

素材感が柔らくて、それでいてかなり丈夫で長持ちします。
よく考えれば僕も3年使ってますが、全然問題なく使用してますね(^_^;)笑

ウチでもかなりのリピート商品なので、使用したことの無い方や、今まで他のメーカーのインナーで少し固さを感じたり、合わなかったという人も是非一度お試しいただきたい商品です!!


因みにこちらの商品は半袖や長袖も存在します。

練習用や気候に合わせて変えるというのもありだと思います。


下記リンク👇👇より購入できます(^^)
メンズノースリ
メンズノースリV首
メンズ半袖
メンズ長袖

レディースノースリ
レディース半袖
レディース長袖






続いてこちら。

【GORE】ベースレイヤー



次に個人的にオススメなのはGOREのベースレイヤー!!

ベースレイヤーなのでもちろんゴアテックスじゃないですよ。笑

GORE社の出す「GORE WEAR」はどれも非常に高品質。

特にこのベースレイヤーは素材感が良く肌触り抜群。
また、適度なストレッチがあることが特徴です!!

更には、インナーなのにデザインが結構カッコ良くて、透け感も少ないので、夏場の暑い時はこれ1枚で着用することができるのも大きなメリットです。

これからの時期のインナーとしてこちらも是非検討いただければと思います。


下記リンク👇👇より購入できます(^^)
メンズベースレイヤー
レディースベースレイヤー






最後は疎水系のインナーではないですがこちら。

【オンヨネ】A.A.TH ノースリーブアンダー


当店ではお馴染みのA.A.TH。

こちらは疎水系(汗を肌から離す)という効果はなく、速乾系(これ自体が早く乾く)インナーになります。

なので、これ1枚で着れたらそれがベストなのですが、なんとも透け感が強いので、インナーとして着ることをオススメしています。

因みに僕は夏場はこれ1枚で着ていますが、、、笑

疎水系のインナーではないのにオススメしているのには理由があり、

実はこいつ、A.A.THのインナーなので、パフォーマンスが格段に向上します。

走って足を酷使しているのに比べると、上半身なのでカーフやタイツほどに効果は感じにくいかもしれませんが、腹筋や背筋が楽なのと個人的には呼吸が少ししやすいかなと感じています。

汗冷えや着心地よりもパフォーマンスに重き置きたいという場合は、こちらのインナーを着用するのが良いと思います。


僕の場合は、気候が上がりそうだなと判断した時はこのA.A.THのインナーの上にトップスを着てレースに出てます。

そして、気候的に結構寒そうだなと感じた時は、僕の場合は1番下に最初に紹介したオンヨネのPPアンダーを着て、その上にこのA.A.THのインナーを着て、その上にトップス着るという3枚重ねを採用してます。

暑い時は1番下のPPアンダーを省くという感じですね。


因みに先日の氷ノ山もその3枚重ねスタイルで走りました。


下記リンク👇👇より購入できます(^^)
A.A.THノースリーブアンダー





こんな感じで、トレイルでは一般的ですが、マラソンでは意外と知られていないけど、これからの季節はあると絶対便利なインナーの着用についてでした!!

おそらく、マラソンが夏場に行われる競技であればこのインナーというのは無くても良いと思うのですが、どうしても寒い季節に行われるだけに着用した方が良い商品になりますね。


スピードや強度によってもウェアリングは異なりますが、何か分からないことや相談したいことがあれば、是非お気軽にご来店下さい(^^)


それでは沢山のご来店お待ちしておりま〜す(≧∇≦)




当店オススメのイベントはこちら!!

11/21 ニューハレテーピング講座

11/24 オンヨネインナー&AATH試着会

1/11 かもがわ100ラン&ウォーク 32k 64k 96k 160k

2/1京都ラウンドトレイル100k 累積5000m UTMF対策に最適



トレイルフェストランニングカンパニー
TEL:075-746-7886
住所:〒600-8031
京都府京都市下京区貞安前之町622 B1
(阪急河原町駅10番出口から南へ50m 徒歩1分)
オンラインショップ https://www.trailfest.net/



2019年11月14日木曜日

人生初の大会運営。黒井城を終えて!!

こんにちは。

中谷です。


11月10日(日)に開催させていただいた

「第4回黒井城トレイルランニングレース」

沢山の方々のお力添えにより無事に終了することができました!!

本当にありがとうございましたm(_ _)m

ボランティア集合写真!!

スタートゴール会場!!


正直に言うと、
大会の前日でもうまく運営できるイメージが湧かなくて、できてないことを数えれば切りがない。

あれも気になる。これも気になる。
「朝選手が会場に来るまでには、これだけはやっておかなければ。」

そんなことばかりでした。


自分自身のメンタル状態は既に完全に崩壊していました。。。



参加してくれたボランティアの方々には段取り不足で迷惑かけまくり。

今は家が大変な状態だと分かっていても、自分の気持ちの吐け口となる家族にはいっぱい当たり、いっぱい手伝ってもらい、迷惑かけまくり。

氷ノ山前から仕事でも抜けが多すぎて迷惑かけまくり、更に氷ノ山が終わってからこの黒井城の大会までは全く仕事にならず、会社にも社長にも同じ働く従業員にも、お客様にも迷惑しかかけていない。


正直自分を肯定できる要素が何1つ見つからない。


今も尚、その迷惑の数が多過ぎてどうしていいのか分からない状態ですが、1つずつ向き合いながら乗り越えていきたいと思ってます。




そんな中での大会開催でしたが、

本当に沢山のボランティアの方々のおかげで、なんとか大会として形にすることができました。




今大会の運営を終えて感じたことをまとめさせていただきます。


1.自分に力は全くない。人の力は超偉大。
僕1人では全くイメージできなかった大会。
大会までの2週間は仕事も半分以上休みをいただいて運営業務に徹する。
水曜日のトレフェス定休日に2週連続でコース整備を手伝っていただいたおかげもあり、コース上は6割型準備完了。
それでも、本当に大会前日でもまだ上手くいくイメージは湧かなかった。
でも、前日のボランティアの方々の手伝いにより、コース上はなんとかなるレベルになった。
自分の力は本当にちっぽけで、人の力は本当に偉大だなと痛感させられた。

人は支え合って生きているって言うけど、こんなにも人様のおかげって感じたことはなかったかもしれない。

自分が思っている以上に自分1人でできることなんかたかがしれていて、人にお願いしないといけないことばかり。負けず嫌いなのも大事だけど、すぐに強がるのも自分の悪いところ。低くなってお願いする。そうやって助けてもらって、自分もまた助けられるように。
これが本当に大切なことなんだなと思った。



2.自分の弱点は仕事を早くから人に振れないこと。お願いできないこと。
今回の反省点はここに尽きます。
これは習慣の問題でもあり、自分が普段から改善していかないいけない点。
仕事でもなんでも、これができていないがばかりにあまりにも多くの人に迷惑をかけまくっていることを今回で痛いくらいに痛感した。

運営自体も去年までは社長が運営をしていて、それを側で見てきたこともあり、最後は自分の力でなんとかしてきた姿をみてきて、社長に比べると全く力もキャパも備わっていないのにそれを悪い意味で真似してしまった。。。
しかも、社長の方が全然人にきっちり仕事を振ってお願いして、きちんと役割分担を作れていた。

自分で全部やろうとした結果全てが中途半端になり、本当にもうムリかもと思っていた。
それを、ボランティアの方々のおかげで本当に不可能を可能にしてもらえたと思う。

来年は実行員会始め、早めに割り当ても決め、コース整備のイベントや試走会も行えるようにしたいと思う。

終わって間もないど、僕の中で既に来年の構想はあるので、今から動いていきたい。

次こそは早めに人に仕事を振りたいと思うので、またお手伝いいただけると嬉しい。

そして習慣から本当に変えていかないと。。。



3.今大会が成り立ったのは、100%ボランティアの方を始めとするお手伝いいただいた皆様のおかげ!!
これはもう本当に100%これに尽きる。
2週間前までコース上でもできてないことだらけ。そこから毎週整備を手伝ってもらったおかげでなんとかコースも完成に近づいた。
それでも前日になってもできてないことだらけだったのを、ボランティアの皆さんのおかげで本当に形にしていただいた。
遠方から沢山の方に来ていただき、遠くは北九州から車で来ていただき、本当になんとお礼を言っていいのか分からない。
こんな優柔不断で出来損ない過ぎる僕に付いて来て下さったボランティアの皆さんに改めて感謝しかない。
本当にありがとうございました。



4.最後は「ごめんなさい」と「お願いします」と「ありがとう」しかなかった!!
前日と当日。ボランティアの方が来て下さった時でもできていないことが多すぎて、もうなんて言ったら良いのか分からなかった。
そして自分が開き直って決めたことは、「ごめんなさい。これもあれも何もできていません。なので、すみませんが、これこれお願いします。」と言うこと。
やってくれたことに対して「本当にありがとうございます。」と言うこと。

自分のプライドもクソもなかった。もう強がる余裕も何もなく、ただ謝りながらお願いすること。お礼を言うこと。これしかなかった。

今回ギリギリになってそういうことを言えた自分だったが、普段からそういう気持ちを持って態度や行動に表すことが全然できていないということも改めて教えられた。

お願いするときは、早くからきちんとお願いすること。
指摘されたら、言い訳せずに謝ること。
やってもらったことに対して感謝の気持ちを持って「ありがとう」と言うこと。

人として当たり前過ぎることが全くできていない。

今までも何度もそういうことを指摘してもらって教えてきてもらっていたけど、
自分の人間性そのもの。癖の問題で、性格で、人として当たり前過ぎることが全くできていない自分に本当に恥ずかしくなった。

そういったことの大切さも今回改めて教えていただいたと思う。



5.来年こそは自分が理想とする大会にしたい!!
ご存知の方も多いかと思うが、実は今回、本当は新しいカテゴリーとして40kmのカテゴリーを作りたいと思っていた。
しかし、2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の舞台で黒井城が使用されることが決まり、城山の補修工事等を行うことになった為、一度に大人数を城山に登らすことが禁止されたこと。
初めての自分自身での大会運営ということもあり、社長に全力で止められたこと。
会社としても新しく事業展開し、自分自身の責任も多くなり忙しくなる中で、新カテゴリーの運営に関しては負担が大き過ぎて不可能だということで、今回は断念せざるを得なかった。

しかしながら、今思うと本当に新しいカテゴリーを増やさなくて、人数も少なくて良かったなと思う。
それは、自分自身の能力があまりにも低く、経験があまりにも少な過ぎたから。

今回が今まで通り4カテゴリー以上で規模も400人とかになっていたら、確実に運営として成り立たなかった。

それでも、少ない募集となったにも関わらず、招待選手として来ていただいた選手の皆さん、今回お集まりいただいた選手の皆さんには本当に感謝したい。

特に招待選手ながら前日ボラから手伝ってくれたライバルでもある黒河君や、前日気遣ってくれながらボラの方の為にわざわざ差し入れを持って来てくれた綾乃ちゃんには本当に頭が上がらない。
モチベーション切れてた黒河君。笑
UTMFでの勝負楽しみにしてる(^^)
流石のタイムで優勝した綾乃ちゃん!!



また、今回運営してみて、キッズの部が終了した後、エクストリームの選手が帰って来るまでの空き時間があまりにも長く感じ、コース上に居るボランティアスタッフや会場のことを考えると、やはり空き時間に皆んなに喜んでいただけるような部門(ショートやファミリー)があった方が会場も、地元自体も、ボランティアも盛り上がることができるということを感じた。

そして会場に居られた多くの方から、「来年は是非ショートやファミリーも復活させて下さい」という有り難いお言葉を頂戴したので、来年は復活させたいと思う。

と同時にもっと地元丹波を盛り上げられるように、そして全国からトレイルランナーが参加したいと思えるような大会になるように新しい取り組みも考えていて(動画で具体的な企みについて少し述べています)、どこまで形にできるか分かりませんが、今から来年に向けて始動します。




最後に、

今回の運営をするに当たって、正直仕事が全く手につかず、あまりにも多くの方にご迷惑をおかけしました。
この場をお借りしてお詫び申し上げます。
本当に申し訳ございませんでした。

家族のことも含め、あまりにも多くのことがあり過ぎる中で、大会運営においてできていないことが多すぎて、それを人にお願いすることもできず、メンタル状態は本当に崩壊していました。

確かな気持ちを持つことができず、
大変な状況だと分かっていても、家族には地元に帰っていることで当たり散らしたり、運営の手伝いをムリにお願いしたり、同時に仕事のストレスをブツけたり、本当に申し訳なかったです。

また、ボランティアの方々にも快く手伝ってくれると言っていただいていたにも関わらず、早くから分担を決めてお願いしたり、もっと効率よくできたことも沢山あったはずですが、直前の連絡やお願いになってしまったことを改めてお詫び申し上げます。


そんな不安定な精神状態が続いた中ですが、そんな僕を支えてくれたのも家族とボランティアの方々でした。

「大丈夫。なんとかなるよ。1人で抱え込まずに何かできることがあったらなんでも言ってよ。」

そんな風に言葉をかけてくれたボランティアの方々が居なかったら、大会も僕自身もその日を迎えるまでに完全に潰れていたと思います。



以前にもお伝えしたことがあるかと思いますが、僕は地元丹波が大好きです。

地元にあるせっかくの財産である山。
これを本当に沢山の方々に知ってもらって、楽しんでもらって、喜んでもらいたい。

この地元丹波が、黒井城が、黒井城トレイルランニングレースが、沢山の方々に愛され続けるように、僕自身ができることを今後も全力で取り組ませていただきたいと思います!!

なので、僕自身も今回の反省を活かし既に動いていますので、また来年も沢山の方々にご参加いただき、お手伝いいただけると嬉しく思います。



このような貴重な経験をさせていただいたことに感謝し、自分自身を改め、1つ1つ向き合って乗り越えていきたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたいします。


※大会の写真やリザルトは下記ホームページから確認いただけます
https://kuroijo-trail.jimdo.com/



お礼と大会の様子、次回の企画に対する動画↓↓




続いて大会の写真を少し添付しておきます(^^)
男子総合入賞者!!

女子総合入賞者!!
というか完走者が3人しかいなかった。。。笑
今後の黒井城ポーズはこれになるらしい。笑



それではまた来年よろしくお願いいたしますm(_ _)m




当店オススメのイベントはこちら!!

11/21 ニューハレテーピング講座

11/24 オンヨネインナー&AATH試着会

1/11 かもがわ100ラン&ウォーク 32k 64k 96k 160k

2/1京都ラウンドトレイル100k 累積5000m UTMF対策に最適




トレイルフェストランニングカンパニー
TEL:075-746-7886
住所:〒600-8031
京都府京都市下京区貞安前之町622 B1
(阪急河原町駅10番出口から南へ50m 徒歩1分)
オンラインショップ https://www.trailfest.net/

2019年11月10日日曜日

足が痛いんじゃぁ~~~~~~~。。。

どうも荘司です。


今日は黒井城トレイルランニングレースの日。
ここ2週間、中谷君はコースプロデューサーとして丹波へ出ずっぱり。





その間にトレイルフェストは僕が乗っ取りました。



11月よりしれっとトレフェスの店長として戻ってきております。笑




























さぁ、これからトレイルフェストでしっかりとやっていくぞ!


と思って気合入れて仕事にもランニングにも精を出したら早速足痛めました。笑



左足の足裏が痛いんじゃ~~~(千鳥の大悟風)



写真の加工具合が女子高生ばりに。。。

スマホで遊んでたら面白いですね。笑


 POPな写真とは裏腹に足裏はめっちゃくちゃ痛いです。笑




















何で痛めたかというと、、、


毎回フルマラソンに向けて、僕は課題を自分に課しながら練習しています。

今回は

「自己ベストを出すために、今までしたことない練習に取り組む」

というものです。




今年2月の別大マラソンで2回連続サブスリーをした時に、

「あぁ、今の考えている限りの練習方法ではせいぜいサブスリーが良いところなんだな・・・。

これ以上速く走るには根本的に練習内容を見直さないといけないな。」


と感じたからです。












というわけで、30キロ走ではなく、


40キロ走をやったら足痛めました!笑







この軟弱者!















でもタダでは転ばないのが荘司店長です。

















とにかくどこを痛めているのか。



そして、なぜ痛めたのか。




徹底的に調べます。













おそらくですが、痛めた場所を特定していくにつれて

腓骨筋腱炎(もっと細かく言うと短腓骨筋腱付着部炎)」

というのになっているのではないかと。



ランニング時に外側に荷重がかかり過ぎることが原因だそうですが、

 今まで走っていて痛めたこともないこんなところをなぜ痛めたのか。











シューズは今季のレースシューズとして考えていたHOKAのカーボンロケット。

それにフュージョンフレキシSPとフュージョンストライクの組み合わせ。

カーボンロケットのカーボンの恩恵にあずかるためよりドロップ差をつけるためにストライクを入れて、

ロードの時は必要最小限のサポートをしてくれるSPのインソール。


でも履き心地が硬く感じるから、ソックスを厚めのRLのメリノウールのやーつ。










これでバッチリかと思っていたのですが、


シューズ履いた時からソックスが厚過ぎるせいか、


「ちょっと幅きつすぎるかも。。。」


と思ったまま走りに行ってしまいました。















走っている時5キロほどで足裏と親指に横あたりに違和感が、、、


「これ水ぶくれできそうやな。」


という感じのやつ。

ヤバくなったらやめようと思ったのですが、10キロ過ぎてくると違和感はどこか行ってました。


























で、走り切ってからも特に足には痛みなどはなく、



家に帰ってシューズとソックスを脱ぐと左足の足裏に小さな水膨れと、親指の横に小豆大の血豆。


でもめちゃ痛いわけでもなく、

「う~ん、、、なかなかしっくり合う組み合わせではなかったか。。。」


と落胆したまま、その日は眠りにつきました。































翌朝起きようとしてみると、


「ん?左足の外側が腫れてる感じする。というかめちゃくそ足裏痛いんやけど。」





で、案の定起き上がったものの足がつけない!


痛すぎ。


骨折れてんちゃう?ってくらい。



















数日様子を見て痛みが引かなければ疲労骨折、


引いたら対処の仕様があると判断して、

数日経った今は違和感あるもののとりあえずは歩けるようになってきました。








おそらく、走っている時に左足裏の母指球のところにできた水ぶくれと、

親指横の血豆が物語るにそれを無意識に嫌がって外側荷重の走り方になっていたのではないかと推測しています。





正直、ウルトラマラソンの時もシューズ以外は同じ組み合わせで調子が良かったので、

泣く泣く勝負シューズは変更する予定にしています。。。


何にしよかなぁ。。。。



























というか、これで原因は何となく特定はできたものの、

これ、痛み取れたらすぐ走れるのか不安で不安で仕方ありません。





出場予定の大阪マラソンは12月1日。

この1週間ガッチリスピードを高める練習をしてあとはテーパリング期間と思っていたのに、

その1週間をガッチリ休養になってしまった。。。。









でもこうやって痛みを知って、

ケガをした人の気持ちがわかることができたと思えば良かったのかな~と開き直っています。笑



あまりランニングでケガすることが少ないので、

いざケガをするとかなり凹みますね。



やっぱりマラソンは練習したらケガするから、

走らずに早くなる方法を考えよう!(違うか。笑)




















ケガをしてみて思ったのですが、

やはりシューズ、インソール、ソックスのバランスってすごく大切ですね!

マイシンデレラフィットを探すのが大変だけれど楽しい作業でもあったり。



そして、ただ前向いて走るだけのランニングですが、

これだけケガ1つから考えられることがあり、

単純だけど奥深くて、それでもって一筋縄では行かない面白みがありますね~。















果たして、大阪マラソンに出れるのか荘司店長!?!?

2019年10月28日月曜日

OSJ氷ノ山優勝から感じたこと!! 詳細レポート。

こんにちは。

中谷です。


早速ですが、昨日(2109年10月27日)OSJ氷ノ山山系トレイルレースを走らせていただいて来ました!!

距離と累積は実質僕の時計では

79.3km
D+3705m

でした!!


結果から報告させて頂くと

8時間46分19秒 総合優勝

という有り難い結果を頂くことができました。

フィニッシュ!!


泥んこ祭り。滑落し放題。超危険コース多数の証!!笑

表彰式
男子総合入賞者

立派な盾とお米の他副賞多数をもらいました(≧∇≦)








書きたいことがあまりにも多過ぎて、相変わらずの長文なので、時間がある時に読んでみて下さいm(_ _)m

ひとまず優勝できて本当に嬉しいですし、めちゃくちゃホッとしています。

応援いただいた皆さん、大会関係者の皆さん本当にありがとうございましたm(_ _)m



ひとまず動画にて大会を走って感じたことをアップしました↓↓





それでは文章続き。笑





今回は自分の中で、本当に複雑な感情を沢山持って走りました。

正直今までで1番メンタル状態がしんどい中でのレース出場でした。

全てを公開することはできませんが、家族、仕事、人間関係、黒井城の運営、あまりにも多くのことが自分のメンタル状態を苦しめていました。


「正直、こんな状態で大会なんか走っていいのか?
そもそも俺に大会なんか出る資格あるんかな?」


そんな気持ちをレース前から、レースを走り終えるその時まで持っていました。
厳密には今でもそんな気持ちが少しあります。


でも優勝できたから。
それを応援してくれた人達や、喜んでくれた仲間の熱いメッセージをみると、色んな感情が込み上げてきて泣きそうになりながら、

「走って良かったんやな。
こんなに皆んなに応援してもらえて自分は本当に幸せやな。」

って心から思ってます。


今回優勝できていなかったら、間違いなく自分を肯定できる要素はなかったと思います。

それだけ、勝ちにこだわったレースでした。





そして、

自分が今回どうしても優勝したかった理由がいくつかあるので特に大きな物を順番に!!



まずは、いつも応援してくれている方々にその感謝の気持ちを形にしたかったというのが1番です。

自分が調子の良い時も悪い時も、いつも応援して下さる多くの方の期待を裏切りたくないし、スポンサードして下さっているメーカーの方々にも恩返しがしたかった。
優勝ってのはやっぱり特別だと思うので、結果を出したかった。







また、前回のブログでも少し書いたのですが、実はこの氷ノ山というのは僕のトレラン人生の始まりの大会なのです。

社長に誘われて軽い気持ちで始めたトレイルランニング。
当時は僕は野球を一生懸命やっていて、トレランはそのトレーニングになれば良いかなぐらいの気持ちでしたが、社長はその時からUTMBを目指してトレランを始めたようで、アルバイトだった僕達の同世代組を誘って走りに行ってました。

当時の僕は下りがありえないぐらい苦手で怖くて、すぐに捻挫するし、
「こんなん走ったらあかんやろ。危な過ぎるわ。」
って思って下りはグループの中でも圧倒的にドンケツで、皆んなをめちゃくちゃ待たせていました。。。笑


そんな始めたての僕が初めて出た(出された?笑)レースが2014年のOSJ氷ノ山でした。

その時は72kmしかなかったので制限時間も15時間だったのですが、死にそうになりながら13時間半かけてなんとか完走したのがこの氷ノ山です。

そして、次の年の2015年。
この時も実は色んなことがあって、教員をやめ、転職。
自分の目標や生きる価値を見失ってた時に、もう一度トレランをやってみると、大自然が自分自身を肯定的に受け止めてくれる感じがして、気分もリフレッシュされて、

そこから凄く山を走るのが楽しくなりました。

そして自分から山に入って練習していくと、もう一回大会を走りたくなり改めて2015年の OSJ氷ノ山にエントリー。

2014年ではケツから何番かというぐらいの順位だったのが2015年では年代別1位(総合16位)で表彰してもらい、ここから一気にトレランにハマりました。

そんな自分のトレラン人生を歩むきっかけになった大会でもあったので、この大会で優勝して、もう一度大きな弾みを付けたいという思いがありました。







また、今回はいつもお世話になっているマイラーズの講師である土井さんから言っていただいた一言一言が非常に大きいです。

「亮太くんは勝てる力はあるはず。そろそろ僕らに勝って新しい時代を作ってもらわなあかんで。」
「若いんやからもっと優勝していかんと。今のままやったらずっとそのレベルのまま。もう1個レベル上げていかんと。」

と言われたこと。

これは非常に刺激的な言葉でした。

自分でもこのままではいけないと分かっていたけど、本気でそういう気持ちになりました。

期待の意味を込めてあえて与えて下さったプレッシャーにも感謝しています(^_^;)笑

先日同年代の黒河君も、上州武尊で優勝したし、僕も負けていられないという気持ちも強かったのも事実です。

いつもお世話になっていて、世界で活躍するような有り難いコーチから身近に指導頂いていることがどんなに有り難いことか。
今のマイラーズのメンバーにもそのことを改めて分かって欲しかったし、だからこそ結果や順位にもこだわっていくチームである必要があることを僕自身が形として示したかった部分も非常に大きいです。


結果や記録を求めていくことが楽しいと思えるチームがマイラーズ!!


結果で答えることが1番の恩返し。
だから絶対優勝したいって思っていました。







更に、今回マイラーズとはコンセプトが違うチームの、
ゼロマイラーズや50マイラーズのメンバーが非常に沢山参加していたこと。

マイラーズ、ゼロマイラーズ、50マイラーズの
スタート前に合流できたメンバーでの集合写真!!

ブリーフィング前!!笑

宿で!!笑

ゼロマイラーズや50マイラーズのメンバーは、上位を目指す選手も居ますが、ほとんどが完走目的のチーム!!

それぞれに目標があり、UTMFの出場に向けてポイントを取得するところからの選手が多いです。

今回の氷ノ山が大会での過去最長距離という人がほとんど。


そんな皆んなと同じ宿に泊まって、ある意味すごく新鮮でとても楽しかった(^^)


僕はこれらのチームの講師という立場を頂いているので、皆んなに良いところを見せたかったし、講師としての見本となりたかったというのも含め、

沢山の仲間が参加してる大会で優勝したかった。







あとは、自分のキャパのヘボさ、メンタルの弱さや意識の低さ、人の思いの分からない人間性のせいで、仕事も全部中途半端。
あまりに多くの迷惑をかけてしまっている状態が続いている中で大会を走らせて頂くことになってしまったこと。

正直走っている場合じゃない。

それでも走らせて頂くんだから、結果が出せなかったら、マジで何しに行ったか分からない。

勝つことが最低条件という思いがめちゃくちゃありました。


優勝報告ができた時は、安堵感と共に有り難い気持ちと申し訳ない気持ちでいっぱいでした。






最後は最近家族でも色々あって、1番下の小学校6年生の弟が家でカップ麺を食べようとした時に、沸きたての熱湯をこぼしてしまい、股関節、太もも、陰部にまで大火傷を追ってしまい、救急搬送されて、子ども病院に入院しました。

あまりにも酷過ぎる火傷で尿も廃絶できず、管を通している状態。
股関節の大部分にわたって火傷しているため、皮膚が再生しても、股関節の皮膚に張りができてしまって今まで通りに思うようには股関節が稼働しない可能性が高いとのこと。

僕と同じく運動好きな弟にとって運動自体に影響が出るなんてことは、家族もきっちり伝えることはできていない状態。

そんな弟に、もし運動に影響が出たとしても、今まで以上に努力して頑張る気持ちを持って欲しくて、自分の頑張りを見せたかった。

いつも大会でも良い結果を出すと、めちゃくちゃ喜んでくれるから喜ぶ顔を見たい。


だから、大会前に病院で、「お兄ちゃん優勝してくるって約束するから。頑張って早く治してまた走るぞ」

って言いました。


だから、なんとしても優勝したかった。優勝して約束果たして、喜ぶ顔が見たかった。







とまあ、これらの色んなことがなんとしても優勝したい理由でした。










ここから少しレースの展開を書きます。
(※計画と実際の差などの更に詳しい内容はやるか分かりませんが報告会?的なところでお話ししようかと思ってます。)




まずスタート前にいきなり心拍計が同期されない事件が発生。。。笑
今回は心拍を見ながら抑えめに一定のペースで走る作戦だったのに、いきなりの予定変更。笑

自分の身体と対話しながらゆっくりペースで入って後半あげるという作戦で行くことに。



◾️スタート 〜 ふれあいの里 エイドステーション(10km地点)
スタートと同時に一気に登るゲレンデ。
正直このパートは好きなパートでもあり、得意なパートでもある。
本来ならガンガン飛ばしたいところだが、気持ちをかなり抑えてゆっくりなペースで基本はほぼ歩き。
ポールを使って淡々と歩く。先頭からはかなり離れたが気にしない。
しかし、ポールが使えると楽過ぎて本当に好調。
鉢伏山の山頂を6位ぐらいで通過し、そこから得意な下りパート。
かなりスリッピーな下りで慎重に行きながらも、全員捉えてトップに追いついたら、「横にずっと熊が居て併走しててめっちゃ怖いから一緒に行きましょ〜」と言われ、一緒に行くことに。
熊の恐ろしい息と暴れるような激しい移動音が鳴り響き、先頭集団でまとまって声をあげながら進む。
いや、マジで怖過ぎた。笑

自分ではかなりゆっくり抑えているつもりだったが、結局氷ノ山越えからの下り9km地点ぐらいでトップに立ってしまい。
エイドを通過。
時計を見ると予定よりも5分早い。
こんなに抑えてるのにマジか。って思いながらエイドでジェルのゴミだけを捨ててすぐ出発。
滞在時間5秒ぐらいかな。笑



◾️ふれあいの里 エイドステーション 〜 ふるさとの森登山口 第1関門(30km地点)
ふれあいの里を出てからは苦手な林道が20km続く。
この区間は去年のリザルトから見て5位前後のタイムを参考に計画を立てた。
あまりのぬかるみの多さでグシャグシャになりながら進み、
そのこともあって、基本的にはゆっくり淡々と走っていただけで、
ペースが想定より少し遅いのも分かっていたが、無理にあげることはせず淡々と進んだ。
平均で時速11kmぐらいのペース。
ここが結構かかってしまったので想定ペースよりも5分ほど遅れた。
この時点で3位通過。
トップとの差は3分ぐらいとのこと。
ここのエイドでは、素早く補給だけを済ませて出発。
滞在時間は30秒ぐらい。



◾️ふるさとの森登山口 第1関門 〜 青下集落 第2関門(40km地点)
エイドを出てすぐに好きなトレイルパートへ。
元々このパート辺りからギアを上げていくつもりにしていた。
木段の登りが続き、淡々とポールを使いながら進む。
ここでもポールのおかげでかなり温存しながら歩ける。
扇ノ山の山頂手前で1,2位を発見。ロックオン。
しかし、無理に上げずに得意な下りで抜けるだろうなと思いながら通過。
案の定下りで追いつく。
ここは得意な下りなのでスムーズに下ると一瞬で追い抜き、ここから1人旅へ。
しかし、非常にスリッピーな下りで、結構なスピードで下るも、ここはあえてポールをうまく利用しながら下った。
いやー、ポールの存在がでか過ぎる。笑
この下りで一気にギアが入り、テクニカルな下りを楽しみながら軽快に下った。
ただ、1ヶ所マジで危なかったのが、木の橋で大転倒。
3回目ぐらいの転倒(地盤が荒れてて転けまくった。笑)だったが、これは痛くてしばらく動けなかった。笑
その後はひたすらに気持ちよく下り、青下手前1.5kmぐらいの地点で波部さんに出会いテンションマックス(≧∇≦)
なんだか嬉しくなりペースアップ。
それでもここは元々勝負するつもりの区間だったので設定ペースを早めにしていたため、想定よりも少し遅めでエイドへ到着。
このエイドも1分ほどで素早く補給だけ済ませてすぐに出発。



◾️青下集落 第2関門 〜 論山下 第3関門(50km地点)
ここから氷ノ山名物の獣道トレイルコースまで5kmちょっとロードの登りが続く。
このロードを時速8.5kmぐらいで耐えるようにきっちりと走る。
なんとかたどり着いた獣道はやはり強烈。笑
しかしここは大好きなコースで、ポールを使いながら確実に進んだ。
獣道は1.4kmぐらいしかないが、なかなか体力を奪われた。
急登を抜けると2.5kmほどの林道の下り。
ここら辺から結構身体が重くなり、思うように走れない。
想定ではキロ4ぐらいで下るつもりだったが4分40秒ぐらいでしか下れず。我慢の走りスタート。
結構疲れてエイドへ到着。
到着してすぐに「後続とのタイム差って分かりますか?」と聞くと
「先ほど林道に差し掛かったと言われたので10分ちょっとぐらいだと思います」と教えてもらい、気を抜くことは決してできない。と改めて思い。とにかく先を急いだ。


◾️論山下 第3関門 〜 佐坊 エイドステーション(60km地点)
エイドを出てすぐのロードの登りが走れない。
なかなかダメージがある。
騙し騙しポールを使ってリズムよく早歩きと走りを混ぜながら進む。
少しでも走れるパートが来たら確実に走る。
特に登りから下りに変わる手前で1秒でも早く走りに変換することを強く意識。
林道とはいえダメージが大きいと思うように走りのペースが上がらない。
なぜか尾骶骨と腰がめっちゃ痛い。
というか足もあちこち痛いし重い。
腰を高く軸をしっかり倒して腸腰筋を意識しながらできるだけペースを保って走る。
意識だけで垂れかけたペースをある程度戻すことができ、キロ5前後で走れた感じ。
辛い表情ながらなんとかエイドへ到着。想定より7分遅れ。
エイドへ着いてすぐに、「後続とのタイム差って分かりますか?」と聞く。
「ちょっと分からないですね〜。。。」
エイド自体にシーバーが無さそうだったので、そりゃ分かるわけないか。。。笑
お腹の調子も良くないし、トイレにも行きたかったがとにかく後ろが気になって仕方がないので先を急ぐ。


◾️佐坊 エイドステーション 〜 とちのき村 第4関門(69km地点)
ここから2km下った先の橋から登り6km弱がこの大会1番の勝負所。
トータル3回試走に行ったこのコース。ここを走りきることが1番大切。
そう思ってお馴染みのスパメダ、ベスパ、ジェルの組み合わせを投入。
少し頑張れそうになり、キロ7分前後(時速8.5km前後)でなんとか走る。気持ちで走る。
しかしあまりにも足が重い。。。
そしてお腹が痛い。トイレに行きたい。
「エイドに着いたらトイレ行くか。でも後ろ来てたらどうしよ。。。」
色んな焦りと不安を抱えたまま、ひたすらに前だけを見て進んだ。
このまま走り続けると吊りそうな感じもあり、急な所は少しだけ歩く。
「クソ〜。なんとか耐えろ。あと20kmも無い。絶対勝つ。前みろ。走れるだけで幸せやろ。楽しいやろ。」
1人で叫びまくりながら、自分がこの大会にどんな思いを持って走っているのかを改めて思い返す。
「やっぱり俺幸せやん。行くしか無いでしょ。」
悔しさとか喜びとか感謝とか色んな思いが入り乱れて、泣きながら走っていた。
この区間が1番キツかったけど、1番自分と対話した時間かも知れない。
この区間はまさに峠走。
分かる人には分かる小塩山で1本目からしっかり追い込んだ状態でボロボロになった状態で4本目行くイメージそのもの。ここは本当に辛かった。
そんなこんなでなんとかエイドまで到着。
2位とのタイム差って分かりますか?
後ろばかり気にしてる自分が情けない気持ちもあったが、気になって仕方無い。
自分もギリギリを攻めてた。
「15分ぐらいって聞いてますよ〜。」
すぐさまトイレに駆け込む。
4分ほどタイムロス。10分差か絶対逃げ切る。
この時点で計画タイムから15分遅れ。
ゴール時間は8時間45分前後と予想。
ラストスパートかける余裕なんて全く無い。ただ耐えるのみ。前見て進むのみ。


◾️とちのき村 第4関門 〜 フィニッシュ(78km地点)
残り9km出せる力を全部出して絶対トップでフィニッシュする。
それだけを考えてひたすら前へ。
急な登りは林道でも走れない。ポールを使ってリズムよく早歩き。
走れる所はとにかく足を動かして走る。
この繰り返し。
林道を登りきり、ゲレンデまで帰って来た。
あと6km前後。
耐えろ。とにかく走れ。
ゲレンデの下りは超得意で軽快に走れるが、すぐに舗装路に出る。
コース変更された部分でココは未知の世界。
進めど進めど終わる気配無し。
OSJやし、これ最悪80kmあるな。
なんとなくそんな感じがしながら、とにかく走る。
手元の時計75kmのあたりでコースとの合流の予想ができ、ラスキロ投入。
残りは林道とゲレンデの舗装路をスパート。
残り1キロの看板が見えて優勝を確信。今大会初めての距離を示した看板。笑
いやー、長かった。
100マイルともまた違ったしんどさ。
トップで帰ってこれて本当に良かった。
ゴールした時の感情はとにかく安堵感に包まれた感じ。
精神的にめちゃくちゃキツかった。でもやっぱり楽しかった。








とまあ、こんな感じで文章も長いけど、レースも長かったです。笑

100マイルと比べると非常に短いけど、メンタル勝負の時間が長くてかなり気疲れしました(^_^;)






自分のゴール後は、仲間の帰りをひたすらに待つ。

マイラーズ、ゼロ、50のメンバー全員と知り合いがゴールして来るのを待ちました!!



結果的には本当に沢山のメンバーがフィニッシュし、マイラーズ、ゼロマイラーズ、50マイラーズで表彰に乗った数は半端なかったです。笑
とても嬉しかった(≧∇≦)

女子総合入賞者!!

40代男子入賞者!!
50代男子入賞者!!


他にも年代別入賞者多数でしたが、
氷ノ山は表彰式が早い時間なので11時間半以内でフィニッシュしないと式に間に合わない!!笑


入賞したメンバーもですが、完走したメンバー全員に改めておめでとうと言いたいです。





僕も始まりは13時間半。
今回のコースだと14時間以上かかっていたと予想されるレベルからのスタート。



ということは、今回ゴールしたメンバーの誰もが5年後には、僕のように優勝する可能性を秘めているということ。


大人になってからこんなにも自分自身を高めていきたいと思えるスポーツ、
可能性が無限大にあるスポーツもなかなか無いんじゃないかなって思います。



もちろん全てが順調に進むわけじゃなくて、壁にブチ当たったり、後退したりすることもありますが、

各々が自分の定めた目標に向かって楽しみながら一歩ずつ進んでいけたら最高なんじゃないかなって思います。



まさに人生そのものってことなんだと思いますが、、、

僕は人生の壁にブチ当たりまくってるので、走りと同じように乗り越えていきたいなと思います。笑



僕自身もまだまだこれから成長していくつもりですし、皆さんも是非一緒に頑張っていきましょう〜!!










ええ感じに締めたつもりですが、、、
現実はふりかかって来るもので、僕は明日から黒井城の大会運営準備に全力を注ぐ関係で3日(日)と5日(火)以外はしばらく店頭に居りません。


もし空いてる方が居て黒井城の準備手伝うよって方が居られたら是非個別に連絡下さい。

大会前日(11/9)、大会当日(11/10)、大会までの準備、どれでもめちゃくちゃ助かります。

もし大会のボラが可能な方は下記よりお申し込みいただけると嬉しいです↓↓
https://kuroijo-trail.jimdo.com/%E9%81%8B%E5%96%B6%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E5%8B%9F%E9%9B%86/


11月5日(火)までにボラの配置表等を確定して改めて連絡させていただきます。


お申し込みいただいてる皆さん、本当にありがとうございますm(_ _)m




さあここから現実と向き合う踏ん張りどころ!!

今回のレースの頑張りと同じぐらい頑張ります。笑



自分が今回楽しませていただいたように、
今度は人に楽しんでもらえるレースになるように。

非力で至らぬ点が多いとは思いますが、自分のできる限りを尽くします。



トレイルフェスト、黒井城、中谷亮太を今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m







当店オススメのイベントはこちら!!


11/3 オンヨネ試着会

11/4 Bunsrun ♯4

11/4 ハード系パンマラニック(第18回パンマラニック)

11/9 黒井城トレイルランニングレース前日準備&前日受付

11/10 黒井城トレイルランニングレース

1/11 かもがわ100ラン&ウォーク 32k 64k 96k 160k

2/1京都ラウンドトレイル100k 累積5000m UTMF対策に最適




トレイルフェストランニングカンパニー
TEL:075-746-7886
住所:〒600-8031
京都府京都市下京区貞安前之町622 B1
(阪急河原町駅10番出口から南へ50m 徒歩1分)
オンラインショップ https://www.trailfest.net/

2019年10月26日土曜日

いよいよ明日は氷ノ山!! 大人気マラソンオススメジェルセット販売中〜!!

こんにちは。

中谷です。


明日はトレイルでは氷ノ山が開催!!
金沢マラソンや富山マラソンも開催されますね〜!!


いよいよ明日にレースを控えた僕ですが、前泊してレースに出るのが半年ぶりぐらいでなんだかワクワクしております。笑


色んなことがありますが、やっぱりレースは感謝の気持ちだけで挑みたい!!
溢れるほどの複雑な感情を全部感謝と勝利への執念に変えて暴れて来ます!!





一応補給も久々に組んでみて、なんだか楽しい。笑

一応僕の補給はザックリこんな感じになりました(^^)



少し細かく分けると、、、

前日夜〜スタート前

凌駕でウォーターローディング。

夜しっかりと熟睡できるようにとリカバリーを兼ねてオキシー。

マグマでコンディション調整。


朝起きてからマグマでコンディション調整。

スタート1時間前からSTCアイアンフォースバーをゆっくり食べ始めて、レース前にBCAA、クレアチンを摂取し筋肉をリカバリー&中後半で垂れにくい状態を作る。

スタート30分前に足つり対策として、ノークランプを摂取し、ベスパプロで更にアミノ酸を摂取し、脂肪をエネルギーに変換しやすい身体を作る。

これは適時摂取するお守り達!!笑
基本はエイド毎に摂取するマグマと、足つりの兆候が現れたら摂取するノークランプ。

マグマは気分が悪くなったりしてもすぐに摂取。

長い下りの前や、スーパーメダリスト9000の前でも摂取。


固形物と足つり対策と美味しい系ジェル!!笑

コーヒーゼリーはジェルの味に飽きてきた頃に摂取。

おいエナは前半の中心エネルギーかつ、後半ジェルが受け付けにくくなった時に水で薄めてジュースのように美味しく飲みながらカロリー摂取。

安定の美味しさのエネ餅も前中盤の固形食。

ウルトラミネラルタブレットは汗の発汗量に応じて調整しながら、足つりの兆候が現れたら迷わず摂取。

STCのVO2MAXは前半の中心エネルギーで15分毎にひとかじりするサイクルでエネルギーを常に摂取。唾液の分泌で胃腸障害を防止しながら、豊富なビタミンでエネルギー効率を上げてくれると共に、ココナッツオイルの摂取で脂肪のエネルギー効率も上げてくれる優れもの。

おいジャムはカロリー摂取と足つりに有効なミネラル分を十分に摂取できる超美味しい補給食なので採用。ただ、少し重量があるので半分は前日と当日の朝で食べて、半分の重量で持参する。

20km以降使用するジェル達!!

20km地点でベスパとアスジョイエナジー。

それまでは基本カーボローディングしたエネルギーと固形食とおいエナ中心でエネルギー摂取。

20km以降は45分毎にジェル1個の計算で、40km地点でSTCのBCAA、60km地点でスーパーメダリスト9000とSTCジェルとベスパ。70km地点でもスーパーメダリスト9000とSTCジェルとベスパ。

ラスト30分はSTCジェルとSTCラスキロでブーストフィニッシュ!!!!





とまあ、こん感じの補給計画です。笑





いやー、補給考えるのって凄く楽しいけど、普通の人はやっぱりなかなか分からないものなんでしょうね〜(^_^;)笑


ということで、最近バカ売れしている人気商品がこちら!!
タイム別マラソン補給セット(補給計画指南書付き)

荘司先輩が作ったマラソンのタイム別補給セット。

補給計画書がセットになっていて分かりやすい!!

既に沢山の方にご購入いただいていて居ます(^^)



こちらの動画でも紹介してます↓↓



ということで、補給セットを考えるのって物凄く楽しい時間なんですが、なかなか買いに行く時間がない人や、何をどうやって組んだらいいか分からない人にとっては、セットになっていると非常に買いやすいですよね(^^)



僕はまだ氷ノ山を走りますし、それが終わっても黒井城の大会の運営があったりとトレイルばかりが続くのですが、一般的にはもうマラソンシーズンの幕開け!!


是非、これを機にマラソンの補給もセット組んで下さいね〜(^^)

また、なかなか組み方の分からない方や時間の取れない方はセットのタイム別補給セットの購入もご検討下さい(≧∇≦)




紹介した補給セットは下記からも購入できます!!

サブ5達成セット
サブ4.5達成セット
サブ4達成セット
サブ3.5達成セット
サブ3達成セット


また同時に足つり対策の補給計画指南書付きのセットもありますので、そちらもご検討ください(^^)

【お手軽版】足つり対策セット!!
【ベーシック版】足つり対策セット!!
【最強版】足つり対策セット!!




ということで、明日の氷ノ山に向けて準備を整えて、2日間も贅沢にお休みをいただいて、受付に行って来ます(^^)

レースに行けるというだけで、こんなに楽しみで幸せなことはない。

走れることに感謝して、色んなモヤモヤを全部忘れて、レースで暴れて来たいと思います(^^)


実を言うと2015年の氷ノ山で年代別1位(総合16位)になったのがきっかけでトレランにハマった。


写真を見てもとても懐かしい。笑
あれから4年。どれだけ成長できているのかも確かめて来ます!!



お店の方では荘司先輩が皆さんを迎え入れて下さると思うので、是非沢山のご来店ご購入をお待ちしておりま〜す(≧∇≦)


僕は氷ノ山ですが、金沢マラソンや富山マラソン等を走られる方も含め、
レースに出られる方は楽しんで一緒に頑張りましょ〜(≧∇≦)




当店オススメのイベントはこちら!!



10/26 ジョグヨガ ランナーによるランナーのためのヨガ ワンドリンク付き

11/3 オンヨネ試着会

11/4 Bunsrun ♯4

11/4 ハード系パンマラニック(第18回パンマラニック)

1/11 かもがわ100ラン&ウォーク 32k 64k 96k 160k

2/1京都ラウンドトレイル100k 累積5000m UTMF対策に最適



トレイルフェストランニングカンパニー
TEL:075-746-7886
住所:〒600-8031
京都府京都市下京区貞安前之町622 B1
(阪急河原町駅10番出口から南へ50m 徒歩1分)
オンラインショップ https://www.trailfest.net/



2019年10月25日金曜日

サスケ結果報告!! 色々あるけど氷ノ山も黒井城も頑張ります!!

こんにちは。

中谷です。



最近は本当に色んなことがあり、どちらかというとあまり前向きな気持ちになれない日々が多いのが事実です。

しかしながら、沢山の人に囲まれている仕事のおかげで頑張ろうという気持ちになれています(^^)


故障や実力、競技のモチベーションで悩んでいる人も居たら、仕事で悩んでいる人も居るし、用具のチョイスやお金で悩んでいる人も居たら、家族や人間関係で悩んでいる人も居る。


人によって悩みの事象や大きさは違ったとしても、
結局は何をやっていても、一生悩みが尽きることなんて無いんやろうな〜

ってのを最近はつくづく思います(^_^;)



今は自分にとってめちゃくちゃ辛いって思うことも、乗り越えてしまえば何ともなくなることもあるし、自分では凄く悩んでいても、人からしたらなんでそんなことで悩むの?って思われることもある。

だけど、これを自分自身で乗り越えようと強く思わないと、乗り越えることってできないんだろうなって思います。



僕は正直メンタルはかなり弱い方なので、病みそうになることやくじけそうになることが本当に沢山あります。

でもこれを乗り越えた先には、そのストーリーを人に話せる何倍も成長した自分になれるから、その為に与えられた試練なんだと言い聞かせるようにしています。


また、走ることに出会えて、走ることに関わっているおかげで凄く気分が前向きになれることが多いです。

それは走ること自体が凄く気分をリフレッシュさせてくれるし、特に山の中を走ると寛大な自然が自分自身を大きく包み込んでくれる気がしています。

また、走っている人は楽しみながらも自分自身の目標を達成しようと頑張っている人が多く、そういった人達と関わることで自分自身も前向きになれることが多いです。


そもそもを辿ると、僕がトレランにハマったきっかけ。
トレランのおかげで人生変わったなって本気で思うようになったのは、こういった悩んでいた自分を受け入れて成長させてくれたからだったなと、今改めて感じています。


自分の悩んでいることなんて、多分もっと偉大な人からしたら凄く小さいことで、人間関係や家庭のことでも、本当にもっともっと大きなことで悩んでいる人はいっぱいいると思います。


なので、多分まだまだ色んなことが自分にも起こってくると思いますが、できる限りのことをやって乗り越えていきたいと思います。

本当に大きな壁にブチ当たって、もう無理ってなったとしても、僕は多分この走ることだけはやめられないんだろうなと思っていて、そう言える物があるだけでも自分は幸せだなとも思います。





あー。
またいつも通りもの凄く前置きが長くなってしまいました。。。

まあ、色々あるけど頑張りますってことです。笑




ということで、ここからが本題!!笑


まあ、長々書いてきた色んな悩みの中に含まれていることではあるのですが、


SASUKEの結果報告が来ました(^^)

毎年サスケに出ることが自体が40倍近い倍率みたいなのですが、
今回はそれ以上だったらしく、かなり審査が難航したようで、当初は10月初旬に連絡のはずだったのですが、大変遅くなりました。


ズバリ結論から言うと、、、

残念ながら落選しちゃいました!!



子供の頃から夢だった大好きなSASUKEに今年初めて応募して、まさかいきなり最終選考まで残れるとも思っていなかったので、ひょっとしたら夢の舞台に立てるかも!?

と思ってワクワクしていましたが、最後はそんなに甘くなかったですね(^_^;)



でも今回一緒にオーディションを受けた仲間がサスケのテレビに出ると考えると、また今までとも違った思いでテレビを見れるような気がしています。

オーディションでも今までに何度も挑戦して来たけどダメで今回こそという強い気持ちで来られている人も沢山おられたし、何度か出場しながら1STステージで悔し涙を飲み、今年こそは絶対に1STステージをクリアしたい。
という熱い思いでオーディションに来られている人が沢山いて、非常に良い刺激を受けました。


自分もまだ今年から挑戦し始めたので、熱いSASUKE魂を持ってまた来年以降もチャレンジしていきたいと思っています。

いつか必ず完全制覇してみせますので、また皆さんも楽しみに応援していただけたら嬉しいです(^^)


そしてまた、サスケのテレビを見て、
「これに中谷君は出ようとしてるんだな〜」と思いながら見ていただけると嬉しく思います(≧∇≦)笑





ということで、SASUKEは落選してしまったのですが、、、

実は正直ホッとしているところもあります(^_^;)笑


というのは、出場が決まっていたら11月中旬が収録日だったのですが、

明後日10月27日が氷ノ山の大会に出場。

翌々週の11月10日が黒井城の大会運営。


ということで、あまりにもタイト過ぎるスケジュールで、SASUKEの練習が一切できないまま収録日を迎えてしまう感じだったので、せっかく出場できても満足のいくパフォーマンスが発揮できないのは微妙だな〜と思っていたところでした。


なので、その分、明後日の氷ノ山と黒井城の運営を頑張ります!!



正直、黒井城に関しても全く間に合っていなくて、

氷ノ山の大会が終わるとしばらく丹波の山に篭って作業させていただくことになります(^_^;)



お陰様でだいぶボランティアも集まったのですが、
もしご都合のつく方がおられたら手伝っていただけると嬉しく思います。


ボラの申し込みはこちら↓↓
https://kuroijo-trail.jimdo.com/%E9%81%8B%E5%96%B6%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E5%8B%9F%E9%9B%86/




本当に色んことが重なって完全にキャパオーバーしていますが、

全力でやりきりたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします。



とりあえず週末の氷ノ山楽しんで頑張ってきま〜す(≧∇≦)






当店オススメのイベントはこちら!!


10/26 ジョグヨガ ランナーによるランナーのためのヨガ ワンドリンク付き

11/3 オンヨネ試着会

11/4 Bunsrun ♯4

11/4 ハード系パンマラニック(第18回パンマラニック)

1/11 かもがわ100ラン&ウォーク 32k 64k 96k 160k

2/1京都ラウンドトレイル100k 累積5000m UTMF対策に最適



トレイルフェストランニングカンパニー
TEL:075-746-7886
住所:〒600-8031
京都府京都市下京区貞安前之町622 B1
(阪急河原町駅10番出口から南へ50m 徒歩1分)
オンラインショップ https://www.trailfest.net/

2019年10月17日木曜日

イベントを終えてまたイベント。お楽しみに!!

こんにちは。

中谷です。


遅くなってしまいましたが、先週は台風等で色々と大変でしたが、なんとか無事に3連休を終えました。

しかしながら、ニュースを見ていると関東を中心に、未だ台風の被害で平穏の日常からは程遠い生活を送られている方も多いのが現状ですね。

被災された方々に一刻も早く平穏な日常が戻ることを祈念致します。


3連休で行ったイベントの中でも非常に好評だったのが、
「足のお悩み相談会&フュージョンフレキシインソール試し履きイベント」




実際に足のこと、インソールのこと、色々と相談しながら履き試せて、そのまま走りにも行けて、非常に好評なイベントでした!!

また、次も開催したいと思うので今回タイミングが合わなかった方も是非次回はご参加下さいね〜!!


そして今回そのフュージョンフレキシのインソールの中でも特に好評だったのがこちらの商品!!

FUSION-FLEXI SPRINT

実は、この商品は全国でもウチを含めて2店舗しか取り扱い店がなく、僕がUTMFの時とロードで使用してみてあまりにも良かったので、即愛用!!

特別に取り扱いさせていただくことになった商品です!!


わずか1.3mmの厚みしかなく、足裏感覚が抜群!!
インソールの常識を覆したこちらの商品。やはり非常に好評でした!!



このインソールの説明動画はこちら↓↓


商品の購入は下記リンクからも可能です!!
https://www.trailfest.net/items/24030875



商品自体は基本的に店頭にも常備在庫しておりますので、是非一度試してみて下さい(^^)

ご相談も気軽にお待ちしております(^^)



そして、今週末もイベントが盛り沢山!!


告知が少し遅くなってしまいましたが、

19日〜20日の2日間に渡って、

「秋冬シーズンのインナー選び!! オンヨネ メリノPPとAATH(ロングタイツ、ロングTシャツ)試着会」

を行います(≧∇≦)




19日(土)はメーカーの方も来て下さるので、是非色んな悩み相談、文句(ほどほどに改善に繋がるような優しい言い方でお願いしますね。ww)なんかをぶつけにご来店下さい。笑

詳しくはこちら!!




「なんか最近急に肌寒くなってきたけど、普段使いからランニングまでの使用シーンで良い物ないかな〜??」


なんて思われてる方がおられたら、間違いなくコレ!!
とオススメできるのがオンヨネのメリノPPやAATHのロングTシャツ!!
(AATHロングTシャツは店の定番在庫にはしていません)

またランニングの際や秋冬のレースウェアとして最高なのがAATHのロングタイツ!!

これらもサイズサンンプルを用意致しますので、自分に合う物を試しに来てみて下さい(^^)


是非沢山のご来店お待ちしておりま〜す(≧∇≦)



また、20日の14時〜17時はスローハイクカフェにて

「腸脛靱帯克服セミナー」

を開催!!

詳しくはこちら!!


こちらもバウアーファウンドのメーカーの方に来ていただき一部商品の説明をしていただく時間もあります。

また同時にそもそも腸脛靱帯にならないためにどうしたら良いのかということも詳しく学べる講習になっていて、非常にオススメです!!





その他にも

10/19最強の時短トレーニング マラソンやトレイルランニングダイエットに即効性あり

10/20 BUNS Run(バンズ ラン)#3

10/20 食欲の秋!名物和スイーツでたどるあなたの知らない京都(京都観光マラニック#8

10/20歩きから始めるトレイルランニング go-slowhike(最小遂行人数5人)




とイベントが盛り沢山。

その2日後の22日(火)祝日には

10/22 祝日開催!マラソンの仕上げに京都鴨川30k ペースセッター エイド 計測 ジェル付き



非常に盛り沢山のイベントが続きますので、是非皆さん奮ってご参加いただき、ご自身の調整やパフォーマンスアップ、楽しみや商品選びの手段の1つとしてご活用ください(^^)


それでは沢山のご来店ご参加、ご相談お待ちしておりま〜す(≧∇≦)






当店オススメのイベントはこちら!


10/19 秋冬シーズンのインナー選び!! オンヨネ メリノppとaath(ロングタイツ、ロングtシャツ)試着会

10/19最強の時短トレーニング マラソンやトレイルランニングダイエットに即効性あり

10/20開催!腸脛靱帯克服セミナー 色々な角度から考えます! 

10/20 BUNS Run(バンズ ラン)#3

10/20 食欲の秋!名物和スイーツでたどるあなたの知らない京都(京都観光マラニック#8

10/20歩きから始めるトレイルランニング go-slowhike(最小遂行人数5人)


10/22 祝日開催!マラソンの仕上げに京都鴨川30k ペースセッター エイド 計測 ジェル付き

10/26 ジョグヨガ ランナーによるランナーのためのヨガ ワンドリンク付き


11/4 Bunsrun ♯4

11/4 ハード系パンマラニック(第18回パンマラニック)


1/11 かもがわ100ラン&ウォーク 32k 64k 96k 160k


2/1京都ラウンドトレイル100k 累積5000m UTMF対策に最適



トレイルフェストランニングカンパニー
TEL:075-746-7886
住所:〒600-8031
京都府京都市下京区貞安前之町622 B1
(阪急河原町駅10番出口から南へ50m 徒歩1分)
オンラインショップ https://www.trailfest.net/

ページ

気がつけば今週末は神戸マラソン!!

こんにちは。 中谷です。 黒井城、黒井城、黒井城。。。 そんなことでずっと頭がいっぱいで、完全に周りが見えていなかったのですが、、、気がつけばもう今週末はいよいよ神戸マラソンですね!! 来月頭には大阪マラソンと、すっかりマラソンシーズン真っ只中!! 参加され...

ブログ アーカイブ