京都 河原町にあるランニングとトレイルランニング専門店のスタッフブログ

2019年4月15日月曜日

2周年ありがとうございました そして新規事業に挑戦します

みなさまこんにちは。代表 田口穣です。

先週の土曜日は2周年記念パーティーを むすび食堂で開催させていただきました。

人数が多すぎて一人一人の方と会話できなかった去年の反省を生かし、今年は参加人数を限定させていただいて開催となりました。


温かい皆様の支えがありまして2年迎えられましたことお礼申し上げます。


思えばあっという間の2年でしたが、これからも皆様のランニングライフのお役に立たせていただけるようスタッフ一同全身全霊で挑戦していきたいと思いますのでよろしくお願いします。




また当日は弊社の新規事業を発表させていただきました。



発表内容は
2019年6月末に出町柳に SLOW HIKE CAFE&STUDIO をオープン予定 という内容。



??マークがいっぱいの方がおられると思いますので簡単に今までの経緯をお話ししたいと思います。


【ここに至る経緯】
●20歳の時に起業したいと考え、何だったらそれが可能か考えた
●飲食業のチェーン店を作ろうと考え今となってはブラックと言われる会社で自ら進んで死ぬほど働きいろいろ勉強させてもらう
●両親の強い要請を断れなくなり、27歳の時実家の稼業を継ぐためスポーツ用品の小売りに転向
●その後13年が経過

【感情的側面】
家業を継がなくてはならなかったことは、正直嫌で嫌でどうしようもなかった。
一番嫌だったのは、人が作ったどこにでもある商品を仕入れて売ることに価値を見出すことが出来なかったこと。
しかしそれは宿命であり、同時に自分自身で切り開き変えることのできる未来でもあった。自分を納得させるため45歳までにはもう一度飲食業をやりたいと27歳の時に決めた。

いつも自分のやりたいことは、家族、社員、関係者含め全員が反対すること。

京都にトレイルフェストを出すという決断も、現在店長の 荘司が雑談で言った何気ない一言で決まりました。うまくいきっこないと言われ、そして最初はお客様がそこにいたわけでも、働いてくれるスタッフがいたわけでもありませんでした。

自分のやることで人に喜んでいただきたい


その世界観を拡げていきたいのでこの度新しい挑戦をすることにしました。

トレイルフェストを出店したことで、走ることが好きになった方、痛くて走れなかったけど走れるようになった方、今まで知らなかった世界を知ることが出来た方、人生が楽しくなった方 いろいろな方を見てきました。

それと同時にトレイルフェストだけでは我々の考えをお伝えできないお客様というのが存在するということもわかりました。




新規事業を本当にそれをやりたいかと自問自答しました。

答えはいつもイエス。

だからやることにしました。

土曜日に初めて発表したので・・リクルートもかけていませんが、このあたりは御縁がありますこと願っています。

スタッフも募集していますのでよければ応募してください。
お申し込みは 075-746-7886(トレイルフェストランニングカンパニー)
または こちらから

まだいろいろできていませんが基本的なことは記載できていますのでHPをご案内します。




ページ

近江湖南アルプス走って来ました〜!!

こんにちは。 中谷です。 早速ですが、本題へ!! 本日は、滋賀県大津市で行われた「近江湖南アルプス」に出店し、走らせていただいて来ました〜(^^) まずは結果報告!! 24km D+1385m 2時間17分58秒 第4位 強者揃いの総合男子表彰!!...

ブログ アーカイブ