投稿

5月 24, 2019の投稿を表示しています

ごめんなさいとありがとうございます。

どうも店長です。

もう少し落ち着いたら阿蘇ラウンドトレイルのことを書こうと思うのですが、それよりも今は謝罪と感謝を。





阿蘇ラウンドトレイルをDNFしてから、ずっと身体の調子が悪く、(レース前から調子悪かったんですけどね。笑)
社長から「ちょっと1週間くらい休め。」と言われる始末。







月曜から今まで仕事休みっぱなしでした。


サボりまくってるような気分、罪悪感。



でも身体は言うことを聞かず動きたくない、何もしたくない。





メンタルはどん底まで落ちてました。
















落ちに落ちてました。








こんなこと店のブログに書いていいのか?笑













まぁいいか。

















どうしようもない暗闇にずーーーっといて、
右も左もわからない。
てかわからなくてもいい、とにかく何もしたくない。全てがめんどくさい、イヤ。






立ち止まっていました。
時も何もかも止まっているんじゃないかというくらいに。

































でも、いつまでこうしているのか。






負けたくない。自分にも、何にも。






ちょっとずつでいいから動き出せ。
























そう思い立って、
昨晩、社長と店を守ってくれてる中谷に電話をしました。



「社長、休みまくっててすみません。。。正直メンタルやられてます。 でも、このまま負けた感じになるのが嫌なんで、どうなるかわからないし、どこまでいけるかわからないけど比叡山出たいです。休みまくって走りにいくとか気が引けるんですがそれでも行きたいんです。」




「中谷、ずーっと店番ありがとうな。メンタル終わってたわ。笑でもなこのままでは嫌やから比叡山出るわ。店番お願いな。」













二人とも、快く送り出してくれました。本当に迷惑かけてすみません、そして、わがままな出走を許してくれてありがとうございます。


比叡山インターナショナルトレイルラン50マイルに出ます。




















電話するのも怖かったけど、比叡山に出ると言い出すのも怖かったけど、出たところで全く走ってないのにどこまで走れるのかわからんけど、でも出る。やる。


暑いって?知らん。前向いて走ったらええねん。

知り合いがいっぱいいる比叡山で恥をさらす?大丈夫、そんなすごい選手じゃないしその程度の人間よ。

















どういう結果になるかわからないけど、皆さん比叡山でお会いしましょう^^現地で、パワーをください。

比叡山は34度??対策を万全に!!

イメージ
こんにちは。

中谷です。

明日はいよいよ比叡山。
応援に行きたいのですが、僕は行けません。。。😭
なので出場される皆さんの健闘を祈っておりますm(_ _)m



そして先に伝えておかなければならないのですが、、、
インナーファクトカップのインナーファクト枠5名。トレイルフェスト枠10名。
全て完売いたしました〜。。。m(_ _)m

また次回以降の大会へのご参加をご検討下さい。





そして本題ですが、、、
明日の比叡山。とにかく暑くなりそうですね。。。(^_^;)笑

25日の日中最高気温は34度!! これはちょっとヤバいですね。。。笑
暑さで完走率が40%以下だったと聞いた第1回大会の最高気温が29度だったらしいので、その時よりも5度も高い!!笑
出場される選手の皆さんはとにかく脱水や熱中症対策をしっかり行って下さいね〜。
接客の中でもいつも言ってることなんですが、、、
水分補給自体ももちろん大切ですが、実はミネラル(特に塩分)の補給が足りずに電解質のバランスが崩れて、熱中症や足つりが多発するパターン。
暑くてそもそもの補給自体ができなくなって、身体が動かない。熱中症のような症状に陥るパターン。
このパターンが圧倒的に多いです。
この気温下でのトレイルランニングレースは、水分もミネラルも早めにこまめにを意識して、取り過ぎぐらいで丁度良いかもしれませんね。



あとは、ちょっとコツみたいなものとオススメ商品を紹介させていただくと、、、



暑い時は突っ込んだ潰れる。笑


これは「当たり前やろ」って思っていても実は理解できていない人はめちゃくちゃ多い。
まだ暑さに身体が慣れていないこの時期の暑さは、その暑さだけで身体への負荷はめちゃくちゃ高くなります。
心拍ベルト等で心拍を正確に測っている人はよく分かると思いますが、暑い時はペースをいつもと同じにしても心拍の上がり具合が全然違うと思います。
それだけ身体への負荷は大きくなります。
だから突っ込めばそりゃ潰れます。笑
なので、この気温であれば目標時間を少し落としてあげて、特に序盤のロテルド比叡ぐらいまでは少しペースを落として走るぐらいの方が良いのではないかと思います。
1つの参考にしてみていただけると良いのではないかと思います。
まあ、かと言って50マイルのようにそもそもの関門タイムが厳しいレースは非常に難しいですね。。。(^_^;)笑
今回…