投稿

8月 28, 2018の投稿を表示しています

もう走るのいやだ!今年はこのギアで勝負します!シューズ ソックス インソール編

イメージ
みなさまこんにちは。代表田口穣です。

今週は世界の一大レースであるUTMB(ウルトラトレイルモンブラン)170kD+10000m

が行われ日本からもたくさんの方が参加してますね。

そしていよいよその翌週は自分のレース トルデジアン330kD+30000が行われ来週水曜日にはイタリアに向かいます。



100%の力は出し切ったものの、去年の屈辱的なレースから1年。

240k地点でどうしようもなくなった足の事・・・・

前向きに下れなくて後ろ向きに下りていたこと(気持ちの事やないですよ)

あの情けなかった自分のこと・・・・


このレースの事を忘れたことは1日もありませんでした。


67時間で優勝したドミンゲス選手の事を忘れたことも1日もありませんでした。


この1年でどこまでできるようになったのか

完走はできるのか

時間は短縮できるか?

まったくわからない・・。

でもやれることは全部やりきってきたし、練習をもう一回やりたくないといえるほどできたと思ってます。

あとは神頼み(ここまで来て神頼みなんかい!)


今日は使用するシューズについてご紹介します

スタート地点から151k地点まで使用するシューズ
エヴォマファテ(¥23760)
ご購入はこちら




























151k地点から330kまで
スピードゴート2(¥21600)
ご購入はこちら




なぜこの靴なの?

確かに他にも靴はたくさんあるでしょう。

選択理由1 メガグリップだから

この2足とも ビブラム社のメガグリップというラバーを採用してるのですが 中国にあるテストセンターを訪れ

こちらの動画の同じテストをさせてもらったんです。

実際には驚愕の結果だったのでそれ以来勝負レースはメガグリップと決めています。

下りでの安定感が全く異なります。

選択理由2 マファテのソールが高反発で、スピードゴートはアッパーが柔らかく ともにクッション性が高いため


マファテのデメリットを先に書きます
1、アッパーに耐久性があると商品ページには書いてある。ケブラー素材と同じぐらいらしいが、硬さがあってアッパーがスピードゴートに比べてフィットしにくい。
2、よってロングレースでは足のダメージを受ける可能性がある為採用しにくい
履いた人はマファテのほうが足幅が狭いといわれる方がいるがそれは違っていて、素材が異なるので伸縮せず、幅があっていないとシューズの中で足が動いたり足に合わせて…

僕が感動した最強のレースシューズをついに公開!!

イメージ
こんにちは。

ユーチューバー気取りスタッフの中谷です。笑

今回初めてYouTubeに動画をアップし、1回動画をアップしただけでユーチューバー気分とは。。。笑

ということで、記念すべき1本目の動画を最後に加えてみましたので、こちらの説明動画だけでも是非ご覧ください。笑

よかったらいいねとチャンネル登録お願いしまーす(^-^)m(_ _)m

僕も継続的にアップできるように頑張りますので(^_^;)笑


また、
最近ブログの更新率が悪くて申し訳ございません。

サボり癖がつかないように動画と共にしっかりと更新していきたいと思います。


いつもついつい前置きが長くなってしまいますが、

本題の内容に移ります!!


今回は、そろそろ秋の大きなレースが近づいてきて色々と悩まれている方も多いと思い、僕がUTMFを走った時に、最も助けられ、感動した商品をお伝えしようと思います。

実は商品自体は既に出回っているんですが、多分良さをちゃんと説明している人がほとんどいない。

本当はこの商品。あまりに良過ぎるので、あまり速い方や強い方には使って欲しくないぐらいの商品なので、逆にあまりちゃんと良さを伝えられている人が少なくて、僕としてはラッキーかな?なんて思ってました。笑

しかし、今回はもう開き直って公開します。笑


ズバリ商品はこちら!!


サロモン S/LAB ULTRA こちらの商品は、2017年のUTMBで優勝した「フランソワ・デンヌ」選手が要望した通りのシューズを作ろうと、「フランソワ・デンヌ」選手と共同開発して作られたという商品です。


この「フランソワ・デンヌ」選手が100マイルレースを戦う上で、最も重要視したのは、ロングレースに耐えうるだけのクッション性を持ち合わせながら、下りのダウンヒルをしっかりと攻めれて、下りで差をつけられるシューズだそうで、それをそのまま形にしたシューズです。




このシューズの特徴をまとめると、

1.サロモンのS/LABシューズの特徴であるプレートを内臓することで抜群の安定感を実現。
2.左右ブレを防止するようにシューレースの外側からホールド。
3.左右ブレを防止するように前足部のミッドソールに特殊な加工。
4.足入れ感はなぜかロードシューズのようなソールの軽さとフィット感を感じる。
5.抜群の安定感があるのに抜群のクッション性を兼ね備えている。
6.深過ぎず浅過ぎずの絶妙なラグの…