京都 河原町にあるランニングとトレイルランニング専門店のスタッフブログ

2019年3月25日月曜日

温かみ溢れる「瀬戸内アイランドトレイル」 大会結果報告!!

こんにちは。

スタッフの中谷です。


はい。
前夜祭があまりに豪華で楽しかった為先日のブログでも紹介させて頂きましたが、昨日は「瀬戸内アイランドトレイル」に招待選手として呼んで頂き、走らせて頂きました!!




ということで、今回は大会の結果報告と気付き、どんな大会だったのかということを書かせて頂きたいと思います!!


まず、結果報告ですが、、、

僕はロングコース25kmD+1645m(ショートコースは15kmD+849m)に出場させて頂き、


2時間25分54秒
総合第2位

という結果でした!!



招待選手として呼んで頂いたのでなんとか優勝したかったですが、優勝した松原君(富士登山駅伝の時のチームメイト)とはかなり差がありました(^_^;)

チャラ男グダーズ!!笑(真ん中:某有名先生、右:優勝した松原君)
右から順に1〜5位!!



補給やギアに関しては、何1つ問題の無く、心地よく走れました!!

【補給】


・日々のリカバリーとコンディション調整、レース中の心拍を安定させるオキシーショット(抗高心拍)
・日々のリカバリーからレース前の集中力を高めるのに必需品のアスジョイ(抗膝痛)
・日々のコンディション調整と足つり防止の身体作りをしてくれるアスジョイMg(抗足攣)
・レース中でのハンガーノックと痛みの発生源を取り除いてくれるアスジョイエナジー(抗低血糖、抗膝痛)
・日々のコンディション調整とドリンクにカロリーを増強かつ胃腸障害防止をしてくれるマルトドリンク(抗胃腸障害)
・日々のリカバリーとコンディション調整に必需品のMAGMA(抗酸化)
・乳酸による筋疲労と足つりの防止を促してくれるカツサプ(抗乳酸、抗足攣)
・最後のブーストにSTCエナジーSTCラスキロ




【ギア】

シューズとインソール!!

ウェアとザック!!

・シューズはお馴染みのサロモンS/LAB ULTRA
・インソールはフュージョンフレキシこちらのブログから詳細見れます
・ソックスはお馴染みのグレッグソックスこちらのブログから詳細見れます
・インナーはオンヨネ
・カーフカバーとアームカバーはAATH
・ザックはサロモンS/LAB SENSE ULTRA 8





【大会について他】

砂浜横の最高の景色の素でスタート!!



コースとしては、開始2kmでいきなりの階段地獄、しかもこの最初の階段途中の展望所が1番の絶景ポイント!!笑

いきなりの絶景展望所!!

僕はこの区間、乳酸で足がヤバくて思うようにペースを上げられなかった。オキシーの効果で心拍は全く問題なし。やはりまだまだ登り練習が必要と感じる。

階段地獄から山頂まで行くと気持ち良く走れる最高のトレイルで下り貴重。
アップウダウンを何度か繰り返しながらロードへ出る。

途中ロードのマーキングがしばらく無くてロストしたかなと焦ったが、その瞬間マーキングが出てくるという仕組まれたようなタイミング。笑

そのままトレイルに合流し、アドベンチャーチックな僕の好きな感じの登り。それをしばらく登り返すと元のコースに合流し、なんと来たコースを折り返し!!

後続の選手とスレ違いながらお互い応援し合えてこれまた楽しい。笑
しかし、結構長い区間のスレ違いだったが、あれだけのトレイルの道幅があるとスレ違っても大丈夫なんだとすごく勉強になった。

そして、最後10kmはショートコースの選手とも合流し、ロード8km弱でスタート地点まで戻り、最後にD+140mほどの丘のようなトレイルを山頂までピストンして砂浜を通ってゴールへ!!


トップの選手でも人が絶えることの無い仕組みで、なんとも楽しい最高のレースでした(≧∇≦)



大会のコーススペックを確認した時、僕の今のレベルでは2時間40分切るぐらいのレベルかなと思っていて、いくら上手くいっても2時間30分切りが良いところだろうと思っていました!!

そういう意味で言うと、割としっかり走れた方だとは思うのですが、優勝した松原君が速過ぎましたね。。。

ただ、そう考えるとやはりスピード力の要請というのは、自分の中で大きな課題の1つであると改めて感じました!!


あとは、100マイルに意識を置いて練習をするようになると、どうしても出し切れないというか、自然と前半から突っ込めなくなるのを感じます。

もちろんそれは長い距離を走る上では本当に大切なことで、むしろ良い傾向だと思っています。今回もその分後半はブチ上げて(ロードの下りはキロ3分15〜20秒ほどのペースで)追いかけたのですが、差は少ししか縮まりませんでした。

しかし、100マイルに重きを置きながらこれぐらいの距離で結果を求めていくとなると、ベースの走力(スピード力)をとにかく上げること!!

これしか対応策は無いなと思います!!

要するに普段の練習でしっかりと追い込んで登りと平地のスピード力を強化する習慣を付けること。(本気のバーチカル練や峠走で前半からガンガン追い込んだり、ロードを速いペースでしっかり走ること)
もしくは短いレースにある程度の頻度で出場すること。

この辺りがとても大切かなと思います。

僕は短いレースに頻繁に出ることはできないので、しっかり追い込む練習をして強化していくしか無いのかなと思っています!!

まあ、UTMFが終わればしばらくロードでの結果を求め、ロード中心で頑張ってみますし、ひとまずUTMFに全力投球です!!




今回は招待選手という立場で参加させて頂いたことで、運営側と選手側の両方を見ることができたのが自分にとっては本当に大きかったです!!

選手としてもしっかり走らせて頂いて、ゴール後も表彰式まで時間があり、せっかくだったのでショートコース15kmを逆走(最後8kmはロングも一緒のコース)。
選手の皆さんを応援しながらもう1本走るのも最高の時間でした(^^)

最後は表彰式ギリギリの時間になって結局ダッシュで戻るハメになり、それはそれでまた良い練習になりました。笑



そして1番感じたのは、運営ボランティアの結束力がこんなに高い大会は初めてだということ!!

ボランティアに参加されている方の多くが、中国地方の各地の大会を皆んなで協力して盛り上げようという姿勢が溢れまくっていて、お互いががお互いの大会を支え合う感じで、凄く温かい雰囲気がありました。

運営の関係者、選手の方々共に本当に沢山の方と楽しい時間を共にできて最高に嬉しかったです(≧∇≦)












京都からだと5時間ほどかかり、非常に遠かったですが、また色んな方を誘って是非参加したいと思う本当に素晴らしい大会でした!!


結果としては満足いくものではなかったですが、色々と見つめ直す機会にも次に繋がる経験にもなり、本当にありがたい贅沢な二日間を過ごさせて頂きました!!


関係者の皆さん、大会に行かせて頂いた社長と店長、本当に何から何まで配慮頂きお世話になったインナーファクトの首藤さんに感謝の限りです。

この感謝を形で示せるように、今後の仕事、大会運営、そしてUTMFに全力を注ぎたいと思います!!






因みに来週は、インナーファクトカップ」なので、また首藤さんにはお世話になります。

出場される皆さんも、しっかり準備して頂いて思う存分プレ大会を楽しんで下さいね〜(≧∇≦)




それではまた沢山のご来店、ご相談、お待ちしておりま〜す(≧∇≦)



もうUTMFまで残り1ヶ月!!

僕もアクセル全開で行きます!!




ALL FOR UTMF


トレイルフェストランニングカンパニー
TEL:075-746-7886
住所:〒600-8031
京都府京都市下京区貞安前之町622 B1
(阪急河原町駅10番出口から南へ50m 徒歩1分)
HP http://www.go-trail.net
インスタグラム https://www.instagram.com/trailfestrun/
フェイスブック https://www.facebook.com/trailfest.runcom/

ページ

大阪マラソン走ってきました!!!白い粉の成果はいかに。

どうも荘司です。 大阪マラソン走ってきました! トレフェスランナー大集合! 荘司育ちの美女に囲まれ鼻の下のびのび ランナーの方だけでなく、応援の方もたくさん朝早くから集まってくださって本当にありがとうございました。 走ってるときもたくさんの...

ブログ アーカイブ