京都 河原町にあるランニングとトレイルランニング専門店のスタッフブログ

2018年3月30日金曜日

荘司(仮)店長、新潟へゆく。

こんにちは!
(仮)店長の荘司です。






先日、新潟まで出張に行ってきました。





その目的は!



これ!!!





















































は?










って感じですよね?笑

























これ、オンヨネが始める次世代リカバリーウェアのブランドの名前です。


https://www.onyone.co.jp/aath/






トレイルフェストランニングカンパニーが

京都で真っ先に取り扱い開始

いたします。













店頭に置いておくだけではなかなか売れない商品ですし、

しっかりとした説明もできないと、正直、、、、


すっげーアヤシイ商品です!笑









ということで、

商品を取り扱うのに、

オンヨネの本社がある新潟まで行って、

講習会を受けて、

晴れて取り扱わせていただくことができました。























この商品、説明するのは非常に難しく、

説明をすればするほど、

「このまま、高い壺買わされるんじゃね!?」

となりかねないものでして。。。












ブログでも、お店でも極力長々と説明しないようにします。笑













端的に言いますと、

「身体を正常化してくれる」

というところに尽きるわけです。


これを着ると、正常化するための活動が体内で起こるということです。


だから運動中に使うと、

疲れている身体に対して正常な身体に戻ろうとするサポートをしてくれることが見込めるわけで、
それをメーカーは「スピードリカバリー」と言っています。























実際に自分でカーフカバーを購入してトレランで使用してみたのですが、

確かに、普段よりも疲労が溜まっていくスピードが緩やかで、

トレランイベント終わりにそのまま立ちっぱなしで店番をしていても、

足のだるさ、しんどさが軽かったです。



正直、値段がお高いのですが、

使って実感してみないと分かりにくすぎる商品なので、

まずは試してもらえるような小物系を取り扱い始めました!

アームカバーやカーフカバーなどなど。。。









説明販売員として僕が資格を取得いたしましたので、

ぜひとも話を聞きに来てください^^

そして、まずは小物系から試してもらいたいです!!

2018UTMFコースプレビュー見解 A6からフィニッシュまでの55k

みなさまこんにちは。代表田口穣です。

昨日に引き続き utmfのコースプレビューです。

まずはざっくり計画を立てました。カスタマイズしてぜひ使ってください。
ファイル→形式をしてダウンロード→エクセル形式

インとアウトの時間まで考えたい方は追加してくださいね。

気を取り直してA6から参ります。ここはやはり後半の山場になると思われます。



A6忍野~A7山中湖きらら
平坦なロードがしばらく続き、次第に林道の走れる登りに入る。
一旦フラットになってからは太平山まで走れそうで走れない木段が続きます。木段は早歩きで粘る!

晴れていれば最高の富士山が見れることと思われます。
ここのパートはとにかく我慢して走る!これにつきます。
だらだら歩いてしまいそうな距離と斜度。
我慢のしどころです。
石割山の鉄塔まで行ったらあとはずっと下り。結構飛ばせますがところどころ大きな段差があるので気を付けて。




A7山中湖きらら~A8二十曲峠
ロードからパノラマ台~明神山までは火山灰みたいな土質で、走れそうで走れない階段の大きい段差があって地味に時間がかかる。
明神山山頂からは下り基調で結構飛ばせる区間。落ち葉があったりトレイルがわかりにくいところもあるが概ね走りやすい区間です。

明神山山頂から切通峠まで20分程度でいけます。
ここから山伏峠までは地味にアップダウン。走れたり走れなかったり・・。
結構長い気がする距離。
石割山の鉄塔が見えてから実際に近くなるまでが微妙に遠く
杓子の登りよりも長く感じました。

個人的には 天子登ってからのギザギザと切通峠から石割は精神的に堪える感じだと思っています。
山中湖まで全部見えるのもしんどい原因かもしれませんが、とにかくぐるっとまわってきます。石割山から二十曲は雨でなければとてもイージーな区間の下り。ただし追い越しにくいので注意が必要です。

このあたりのいいところは富士山が晴れていれば綺麗に見える区間であること。
逆に見えない時間に通過だと・・何も面白くない!

A8二十曲峠~A9富士吉田
二十曲峠からは少し登って下って、立ノ塚峠まではゆっくりでも走れます。
どこが峠だったのかわからない感じで急登が始まります。
杓子名物のクサリ場も出てきて300アップ程度だけれどもなかなか急な感じで差がつきそうなのぼり。
ここは手袋があるといいかもしれませんね。
ボリュームゾーンだと渋滞する場所かもしれませんが後半なので大丈夫でしょう。

二十曲から杓子の山頂まで60分程度かかりました。
一方で山頂からはテクニカルな下りが続き結構飛ばせますが、足が終わっていただら差がつく下りです。
細かい切り替えしなどがあるため、木をつかむ手袋あるといいと思われます。
ここも雨だったら・・やばいです。大渋滞します。

速い選手で杓子から60分で寿まで到達すると思われます。

A9富士吉田~フィニッシュ
霜山が・・微妙に長い。
最後の600Mアップがとにかく長く感じるが登りはなんとか60分程度で片をつけたい。
寿で栄養補給して登りでラストkmを入れようと考えています。(少し早いけど)
下りは一気に下って・・微妙にまだフィニッシュまで距離はあるけど。

A6~フィニッシュまとめ
●A6~A7は我慢のエリア 何とか食らいつくエリア 113K~のゾーンでたれずに走りきること

A7~A8は切通峠~石割山の登りまでが走れないところも出てきて結構長いがここを垂れずに進むこと。道幅も狭く抜きにくい。

A8~A9は立ノ塚まではしっかり走り、杓子の登りを止まらず進み、下りは差がつくので足を使ってスパートする。

というか・・気を抜くところがない・・汗。

このエリアで履けるシューズ
hokaスピードゴート でも可能なゾーン
クッション性があっても下りの柔らかいところが少ないので大丈夫。
土が火山灰と粘土質のミックスとなっているのでやはり雨はやばいです。

utmf総論
とにかく走らされるのか・・やはりきついと言わざるを得ない。
個人的には土質が世界のレースと比べて難しいと思います。
特に固いコースになれている方は特有の柔らかさは苦戦されると思われます。

用意する物 補給編
ジェル50個(また写真を上げましょう)
マグマ6包
ベスパプロ5本
stcノークランプ5本
カツサプ10包
オキシーショット 小パック9本




2018UTMFコースプレビュー見解 スタートからA3までの65k

みなさまこんにちは 代表田口穣です。

いよいよ30日を切った2018UTMFのコースプレビューを書いちゃいます!

まずはコーススペックの確認を
距離168k 累積獲得標高8100m 全体の数字見てもよくわからんけど・・・1周でなくなったことはわかる。



ベースの標高は700mぐらいで、最低標高は500m程度、最高点は前半後半ともに1590m程度 つまり1回のアップは最高1000m以下でありながら8000mも累積で登る。
UTMBとのざっくり比較



170k累積獲得標高10000m やはり一つの山が大きく1度の登りが700m~900m程度ある。横の縮尺は違うものの、UTMFがこれに近い獲得標高があるとは正直思えない。

細かく見ていくことにしましょう
スタートからA1富士宮
試走が禁止されていますので試走していません。
トップの通過タイムから考えてロードは多くないのではないかと推察
22km 2h20m→1k6分での下り基調
速い選手であれば3時間前にスタートしているSTYの最後尾をW1やA1まででとらえる予定。

A1~天子が岳

山の取り付きまで8k程度 ここはロードも含まれてくると思います。
30k走った後で距離3kで800m程度の一気登りが出てきます。(国内レースでは800mは結構少ない)
取り付きから最初は走ることが可能ですがだんだんきつくなります。
パワーウォーク含め計測したところ、52分程度かかっていました。
コースとしては木の根がある日本の普通の登りって感じで特に特徴はないと思いますが上の方にになると抜きにくいです。注意点は特にありません。
ハアハアいう状態で・・抜くのは結構しんどいなと感じました。

天子が岳~長者が岳~熊森山
登り切った後も、100m~200mぐらいのアップを多少繰り返します。
ベースは走ることができますが、長者が岳と熊森山の登りは結構急で走れないと思います。天子の登り~熊森山までで1500m程度の累積標高を獲得予定。結構ハード・・。

特徴として
1、トレイルが柔らかい 特に下り
2、ガレているところがある
3、雨が降ったらコンディションはやばい→富士山周辺の山全体に言えることですが、火山灰と粘土質が混じったような ニュルッとした独特の土質。あまり他ではなさそうな土質。その割に石が出ているところとかあったりと思ったよりも難しい。

懸念材料
トップ200ぐらいの選手はSTYの選手をいかにかわすのか?
大渋滞にならないことを願うばかりです。特に雨になったらどうなるか・・。


熊森山~A2麓(50kまで)
ロードの激下り 下って下ってからのジワジワ林道を登っていく感じが地味に足に来ます。コース表を見ると100mを3回ぐらい登るんですね。そんなのあったかな?
ここはしっかりと走らないといけないパートですね。

A2麓~A3本栖湖まで
ここは高原のような芝生の微妙な登り基調で何とか走らなくてはいけない区間だし走れてしまう区間。
竜ヶ岳の登りまでだらだらと続きます。
竜ヶ岳の登りから450M程度のアップで粘土質の竜ヶ岳へ。
下りは結構飛ばせるので差が付くポイント。
降りてからはa3までだらだらと続くギザギザの荒れたコースをなんとか我慢する。

A1~A2のポイント整理
●前半は22kA1までは下り基調だが、試走不可コース不明でトップのタイムが1k6分程度であるためトレイル率は高いと推定。ゆっくり目に入ることを心がけるつもり。

●A1~の天子の登りは800mアップ
●上がってからもアップダウンで700m程度アップする
●熊森山から一気に下る アップを300程度 ロードで飛ばしすぎないようにする
●ナイトパートに入る
●トータル 50km 累積獲得標高2200m程度になるか
●天子の入り口前に補給ポイントを作りしっかり補給する


参考装備
シューズ→HOKAは不適(捻挫もあり得る)
※当初スピードゴートを予定していたが、トレイルが柔らかく下りの着地時にミッドソールがミリ単位で動くので不適と推察。ヨーロッパなどの硬いトレイルを攻略するためには良いシューズ。

現在検討中のシューズ
イノベイト トレイルタロン290

トレイルランナーJp様より スペックはこちらを参考
左右のねじれにも強く ロードの下りでも問題なし 

テクニカインフェルノ 
メガグリップで雨でも強いだけでなく クッションはあるもののミッドソールは硬めでブレない 2018最新作!これはいいかも!



サロモン SーLAB ソフトグラウンド

雨が降ったらこのラグのパターンは外せない。これかテクニカか悩むがウェア配色でこれになるかも。



 サロモン SーLAB ウルトラ
安定のクッション性とグリップ 悩んだらこれかも。


 サロモン SーLAB ソニック

トレイルシューズとしては評価されてないが、結構グリップも好き。意外と本番はこれとスーパーフィートのカーボンのでねじれの強さを出していくかもしれません。



すべてレディースもあります!

注意点!
今回の注意点として 
1、デポバッグは精進湖にしか置けない→それを踏まえると選べるシューズは限られるかも。
 
2、履き替えるとしたらサポートのいる麓50k地点→今回はこれを採用
50kを効率的に走れるシューズチョイスという事で書いていますので頭に入れて参考にしてください。

トレイルフェストランニングカンパニー
京都市下京区貞安前之町622 B1
075-746-7886










ページ

今年の黒井城はどうなる??

こんにちは。 中谷です。 今回はお店のことではなく、毎年やらせていただいている 「黒井城トレイルランニングレース」 についてです!! 全然告知できていなかったのですが、 今年の 「第4回黒井城トレイルランニングレース」 は 11月10日(日) に開催させてい...

ブログ アーカイブ