投稿

8月 2, 2018の投稿を表示しています

週末は嵐山耐熱リレーマラソン。富士登山駅伝。最後は補給。

イメージ
こんにちは。

スタッフの中谷です。

今週末は店のチームで嵐山耐熱リレーマラソンに出場します。(僕は富士登山駅伝に出場するため参加できませんが。。。笑)

トレイルフェスト竜組と虎組の皆さん頑張って下さいね〜(≧∇≦)

その後のBBQもとても楽しみですね(≧∇≦)
(僕は富士登山駅伝に出場するため参加できませんが。。。泣)


※BBQの関係もあり、8/5(日)の営業時間は15時までとさせていただきます。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。


しかし、話を聞いてると、この耐熱リレーマラソンはウチの店のチームじゃなくて、他のチームで出るんですっていうお客様も非常に多いですね。

そこで、このリレーマラソンで少しでもカッコいい姿を見せるために、最後に即効性の高いジェルをいくつか持ってみてはいかがでしょうか??

僕も富士登山駅伝(区間距離は3kmのみの往復)に出場するため、同じような補給食のセット組みになるのではないかと思います。

ということで、今回僕が富士登山駅伝に持って行く補給食を公開するので参考にしてみて下さい。


駅伝、リレーマラソンということで、1回だけじゃなくて何回も走らないといけないので、インターバル的な要素も強い。

つまり、逆に対策は結構立てられます。


【本番までの体調を整える】 まずは、しっかりと体調を整えましょう。

ということで、レースの3日前ぐらいから、僕はマグマとオキシーを多めに摂取します。



普段から1日1包ぐらいマグマを飲んでいますが、3日前ぐらいから4包ぐらいに増やします。(朝1包、練習後1包、寝る前に2包)

さらに寝る前にオキシーを5ml摂取。
体内にしっかりと酸素を取り入れて上げることで免疫力や回復力が高まります。

これは、どんなレースの前でも基本的には毎回行います。

特に前日の夜と当日の朝もしっかりとマグマ、オキシーを摂取するようにします。



【前日の夜からレース1時間前まで】 コンデジションを整えると同時に、この時期は特に暑さで水分が奪われやすいので、体内にしっかりウォーターローディングを行います。


前日の夜(夕飯後)ぐらいから、朝起きてからレースのスタート前まで、凌駕でしっかりとウォーターローディングを行います。

こうすることで、当日脱水になったり熱中症になったり、足が攣ったりというリスクが格段に軽減されます。


そして先ほどにも述べたように、…