京都 河原町にあるランニングとトレイルランニング専門店のスタッフブログ

2017年11月27日月曜日

トレイルランニングにおける冬インナーって何を着用すればいいのか?



みなさまこんにちは。トレイルフェストRC代表 田口穣です。



冬のインナーの重要性はセミナーなどでもお伝えしていますが

どんな装備使っているのかを実際にお伝えしていきたく思っています。

11/25(土曜日)はある案件でデータ収集の必要があったので単独で夜の蓬莱山に入りました。

蓬莱山は滋賀県にある1174mの山で、標高200mの明け方大原でマイナス2度

だったので蓬莱山は何度だったのでしょうか?



こういう状況下でのインナーは本当に重要です。そんな状況下で誰も山にはいかない・・

確かにそうかもしれませんが、参考までにご覧ください~


マイナス5度くらいまででしたら大体同じで以下のような感じで着用しています


冬場のインナーで迷ったら!同じの買ってください。結構値段はする・・

FUM0711 ファイントラックインナー
左ファイントラックパワーメッシュ、上に右側メリノスピンライトを着用

下にスキンズA400、上からファイントラックメリノスピンタイツを着用

シャツから解説

fum0711

9月に行われたトルデジアンではマイナス温度環境ではありましたが、一番下にパワーメッシュを着ていませんでした。


パワーメッシュ着用しない理由として・・

パワーメッシュが硬くてすれていたい・・というものでしたがこの組み合わせはカラダに

フィットしているため全く気になりませんでした。


(ちなみに夏場はパワーメッシュは着用してないです。ザックがこすれていたいから)


パワーメッシュを着用するとどうなる?

嘘のような本当の話・・圧倒的に乾く時間が速く感じます。


なのでより冬山で寒さを感じることがなくなりました。

パワーメッシュなしでももちろん速くは乾くけど、より体温を上げてより速く乾かすイメ

ージですかね。



サイズはMとLを持っています。Mだと170センチ60kの自分にはジャストすぎる感じで袖が少し短いのでLも持っています。

タイツを解説

fum0714

下にスキンズA400のタイツを履くことによって筋肉のブレを抑えることが出来るのはもち


ろんですが、個人的にはフィット感がタイトすぎず程よくサポートしてくれるので着用さ


せていただいてます。

170センチ60kでSサイズを着用しています。ピタッとしています。

単純に冬のトレイルでここまで必要ないという場合は、

サロモンのウインドストッパーを単体で着用しています。

↓こんなの(これも店で扱ってます)

ウインドストッパーの特徴
●弱い雨に耐えれる

●透湿性に優れるので乾きも早い

●前面部のみウインドストッパーを採用

●いいけど結構高い

●意外と防臭性もある


今回タイツの上にメリノスピンライトを履くことで保温性を上げることが出来る。

こうすることで冬場の大腿四頭筋を冷やさないよう心掛けています。



冷やす→筋肉が固まる→動きが悪くなるだけでなく、故障のリスクも高まると考えています




そうは言うても正直値段高いやん!


ハイ自分もそう思いました。いくらメリノスピンライトがいいって言っても上下で16000円ぐらいするし・・・


(細かい商品説明はメーカーページに譲りますが)

https://www.finetrack.com/products/l2-baselayer/merinospin-light/



でも一言でいうとコスパは想像をはるかに超えています!使用頻度が半端ないです。

1セットもっているだけで他のインナーの2~3倍は活躍することは間違いないと思われます。


耐久性も1年使っても全く問題なく2シーズン目に突入しております。



良いと思う理由は・・



防臭性

2016年冬に毎日ランニングしてどこまで防臭効果が続くのか試してみました!



答えは21日間!ここだけの話21日間洗濯せずにヘビロテ酷使モードで使いました。



永遠に続きそうでしたが21日で自分がもういいかなと思って洗濯しただけです。


使用後スタッフSにも匂いについて聞きましたが、全くわからないとのこと。


これは山で使えるぜと思った瞬間でありました!


もちろんトルデジアンでも5日使用しました!


保温性

某アパレルメーカーの●●テック悪いとは言いません。日常に関して言えばコスパもよく

素晴らしいものであることは間違いないでしょう。



ただアウトドア環境で持ち運べる軽量性や同じ温かさであれば少しでもフィット感よく、

少しでも軽くというものを求めた場合はそんなにたくさん選択肢はないと思います。



この厚みで暖かさがあるなんて想像できませんがとにかく暖かい。




騙されたと思って試してください。

もちろんレディース用も取り扱いしておりますよ~カラーは黒もあります!
fuw0711

fuw0714



今回扱いました商品は店頭で取り扱っていますので是非ご相談ください~

お問い合わせは
トレイルフェストランニングカンパニー
京都市下京区貞安前之町622
075-746-7886

2017年11月13日月曜日

ランニングという名のチームスポーツ

こんばんは!

スタッフの荘司です。




今日は、最近うちの店の連続講座でやっていた
 

①フェアリートレイル 20k・60kチーム



②フルマラソン講座 完走・サブ4~サブ3.5・サブスリー塾



を見たり、たまに参加したりして思っていることを徒然なるままに、


日くらし、PCに向かいて、書き綴っていきたいと思います。













まずもって思ったことは、単純に羨ましかったですね。



初めはお互い知らない雰囲気で少し気を使った状態から、

どんどん仲が深まって、

しまいにはフェアリーの参加者の方から


「みんなでレース後打ち上げをしたい!」


と自発的に打ち上げの話が上がるまでに・・・。










チームが少しずつ出来上がっていく過程を

店番しながら外から見てると羨ましいな~、いいな~

という感情が半分、

かといって自分がこんないいチームを作れるのかと考えたら、

今の力では無理だな~すげーな~

という感情が半分という感じでした。




日が経つごとにチームとしてのまとまりが出てきて、

お互いにいい影響を及ぼし合っているのが目に見えてわかりました。









そして、もう一つは、

僕の中のランニングの概念を覆されたことです。




正直、今までの僕にとってのランニングは、



・一人で走ること



・苦しい、しんどい、楽しくないこと



というイメージでした。


実際に、部活で走らされた苦い経験や、

フルマラソンのキツかった思い出などしか浮かんできません。


だから、大会に向けて練習することもほとんどなかったですし、


普段からランニングを習慣としてするなんて考えてもみませんでした。
 
(ランニングショップの店員さんがこんなことぶっちゃけていいのか?笑)










でも、フェアリーの参加者やフルマラソン講座の参加者の方々を見ていると、


参加するごとに魅力的になっていくんです。


簡単に言うと、「キラキラ女子キラキラ男子」になっていってるんですよね。笑







フェアリー完走に向けて、


サブスリー達成に向けて、


それぞれがそれぞれの目標に向かって頑張ってる姿がすごくきれいで、かっこよかったです。


しかも切磋琢磨し合って、しんどい練習も楽しく乗り越えていく。




開催される講座に参加するだけでは、正直目標達成は難しいです。




でも、講座で刺激を受けて、
それぞれが自分の環境の中でできる限りのことをしようとしているのが伝わってくるんです。




「お子さんや旦那さんにお弁当を作って家事をして、このスキマ時間に走ろう。」



「仕事でクタクタだけど、先生からの課題を意識して少しだけでも走ろう。」



「夜は時間が取れないから、眠たいけど朝早起きして走ろう。」






すべてがすべて見えてるわけじゃないですが、

陰の努力がニブい僕でもわかるんですよねぇ~。笑



だって、講座に来るごとに速くなってるんですから。笑











そんな参加者の皆さんを見てると、



僕が一番パワーをもらっていて、




いつしか僕にも目標ができて、




一緒に走ろうと声をかけてくださる人もできて、




気が付いたら、



走るのが楽しくて、好きなことになっていました。










練習で一人で走っていても、

「あの人には負けたくねぇな、いつかはあの人に追いつき追い越したい、あの人と一緒に走りたい」

と誰かのことを考えて走っていたり。







疲れてて走る気分にならんな~ってときにも、

「おい、こんなんであの目標は達成できるのか!?」

と目標があることで自分を奮い立たせることができたり。













今回のブログのタイトルにした通り、


そういうことを考えていると、


ランニングってチームスポーツなのかもと思ったわけです。





それくらいに僕にとって、今回の連続講座は衝撃的で人生を変えるようなものでした。















フェアリーの講座も終わり、


フルマラソン講座も先週11日の土曜日に終わりました。






その土曜日、サブスリー塾の打ち上げにお邪魔したのですが、

みんなでしみじみ語り合うとても良い会でした。








それぞれ目標を語り合い、実際にお一人は既に夢を実現させました。

ずっと3時間切りの壁を破れずにいた中で、この講座に参加し、

先日の金沢マラソンで悲願のサブスリー。






僕も何度かサブスリー塾に参加させていただいたのですが、

「サブスリー塾だから根性入れて、相当キッツイ練習するんだろうな」

とかなり身構えていつも参加していました。





確かに練習はある程度負荷をかけてやりますが、

基本はそれぞれのペースで、自分のできるかぎりのことをする。



それよりも何よりも、

講師である中谷明生先生(僕は勝手に師匠と呼んでいます。笑)が伝えたいことって、

「どうせサブスリーは大きな夢なだけで実際自分には無理やろな・・・」

という思い込みをどうやって外すかということなのかなと感じたわけです。











12月から

①比叡山インターナショナル50k完走・8時間切り講座


②フルマラソン講座サブ5・サブ4・サブスリー塾



と第二期が始まりますが、

唯一サブスリー塾だけが外部講師の中谷明生先生なんです。



店長である田口・トルデジアン・穣さんや、

イケイケゴリゴリ大会上位入賞常連の中谷ぱいせん、

それぞれのカラーがあってもちろん面白いです。


何を隠そう、

この二人と色んな山を走って、

いつの間にかトレイルの基礎が身についていたので。。。笑








でも、こんなことをいうのは何ですが。。。。






おそらく、





 
サブスリー




という言葉でちょっとしり込みしちゃった人もいるかもしれませんが、




個人的にサブスリー塾オススメです。笑





サブ4は達成したけど・・・・

というところでくすぶっている方、

「いやサブスリーしたらかっこええやろうけど、サブ3.5が関の山やで」と思っている方


オススメです。



申し込んじゃったけど、サブスリー塾チャレンジしてみようかな?

と思ってくださった方、

いつでも荘司宛に電話ください、店に話聞きに来てください。

魅力をお伝えいたしましょう!









そんな感じで、

ランニングというチームスポーツに参加して、

「人生が変わったよ!」

って言ってくれる人を一人でも増やしたいものです^^





書いてたら、 長くなっちゃいましたね。。。笑

さぁて、 今日も肌寒いですが走りに行きますか!!^^

2017年11月10日金曜日

京都をチョップしてきました!

こんにちは!
スタッフの荘司です。


久しぶりのブログ更新です!


ごくまれーーーーーに、

「荘司さん、信越走ったんですね!ブログ見ましたよ。」

って言ってくださるお客様がいまして、

ちょっと恥ずかしくも嬉しいものです^^



「荘司さん、ブログ見ましたよ!面白いですね!」




これをお店で言っていただくと・・・・・・・・・・












全商品半額にはなりませんが、目の前で僕が照れ笑いをします。笑










そんなことはどうでもよくて、

今日は、先日京都で開催されたトレイルランニングの大会、


10th KyotoMountChop!(京都マウントチョップ)



 に参加させてもらったことを書きたいと思います!


(このチョップもそうですが、草レースとか言われていますが、この語源って何なんでしょうか?

地域に根付いている小・中規模の大会かな??

変に使うとけなしているような気がしていまいち草レースと言いにくい自分がいます。笑)







 前から、

「チョップはヤバい。」


「チョップ毎回エグイ。」


「チョップはおもろい。」


「チョップはレースが余興。」


「チョップは飲み会。」


と謎の話をよくお店で聞いていて、

京都でショップをしてるのに地元の大会を知らんとか言語道断だ!

というわけで、恐る恐る一見さんが参加させてもらった次第です。笑












 結果から言いますと、


めーーーーーーーーーーーーーーーーーっちゃ
面白かったです!!!!








天気も良かったというのはもちろん、

トレイルが台風の影響でかなり荒れまくっていて、

倒木をマリオの如く、Aボタンでジャンプして、十字キーの下でしゃがんだり、

アドベンチャーレースみたいでした。



しかも、紅葉と台風どちらもで落ち葉が多く、道が見えません。笑

(専門用語的に言うと、トレース〈踏み跡〉が隠れて見えません)



なので、ロストもしたり(1回で済んだのは奇跡的)、

マーキングを見つけてはそこまで走って、

また次のマークを見つけては走るという連続で、

山力が少しついた気がしました。笑



紅葉と天気が気持ちよかった~


いっせーのーで、に!じゃないです。

せっさん、いち!でもないです。




あとは、一緒に走ってみたかった、

滋賀発、最強ランニング・トレイルランニング集団、

シガウマラの〇EOさんと走れたり、

お店のお客様でいつの間にか勝手に京都のにーちゃん的存在にしている〇太郎さんと走ったり、

普段のレースとは違った雰囲気を楽しむことができました!









そして、何よりレースは余興ということだけあって、

皆さんレース明けの連戦だったり、がっつりポイント練習した翌日だったり、

コンディションをこのレースに懸けて整えてる、

という感じではなくファンランとして走られる方が多いです。



なので、気が付けば、人生初めて大会で1桁台の順位でゴールしちゃいました!笑


サッカーで言うところの、たなぼたごっつぁんゴール的な感じの順位ですが、

気分的にちょっと速くなった気がして、気持ちいいです。笑

ごっつぁんです!










そして、チョップの本番、

ランナーさんスタッフさん皆さんでの大宴会!


これがもう本当に楽しかったです。

途中まで一緒に並走していた方、

エイドでお世話になったボラの方、

お店に来てくださったことのあるお客様、

たくさんの方とお酒を酌み交わしてワイワイ騒ぎました。

















結果、


























翌日、のどがつぶれ、オネエみたいな声になりました。





今も少し引きずってますが、元気です。笑
















で、やはり思ったことは、


同じ趣味の方と交流するのって楽しいし、

いろんな知らなかった生の情報が知れるのがとてもいいですね^^










というわけで、


トレイルフェストでも大忘年会を企画しております!!







最低でも100人は集めます。





マル秘なゲストも多数お呼びしております。






正直、おもろいです。


だって、僕が裏方で走り回ってるんですよ?笑



うそです。


あのトルデジアン330kmのレースで前後をTJAR戦士に挟まれ日本人5位に入った田口社長と











あの日本最高峰レース、ハセツネで20位に滑り込み来年の出場権をゲットした中谷ぱいせん







がいるだけでそれはもう面白いのは確実なのに、


まだまだ豪華ゲストがいるなんて。。。













現在すでに40名を超えるお申込みがございます!


早割は11月末のお申し込みまで適用です。



お申し込みは、

フォームメーラー(https://business.form-mailer.jp/fms/e1971b2477525

もしくは当店のアプリからよろしくお願いいたします。








Facebookのイベントページ(https://www.facebook.com/events/144579576282874/)で

参加ボタンを押してくださっている方も

フォームメーラーかアプリでのお申し込みで正式に完了になりますのでお気を付けください!!





詳細や変更についてはFacebookのイベントページで更新していきますが、


お申し込みはくれぐれもフォームメーラーかアプリからお忘れなくですよ!!

ページ

近江湖南アルプス走って来ました〜!!

こんにちは。 中谷です。 早速ですが、本題へ!! 本日は、滋賀県大津市で行われた「近江湖南アルプス」に出店し、走らせていただいて来ました〜(^^) まずは結果報告!! 24km D+1385m 2時間17分58秒 第4位 強者揃いの総合男子表彰!!...

ブログ アーカイブ