投稿

4月 4, 2019の投稿を表示しています

インナーファクトカップでの気付き!! UTMFに向けた準備

イメージ
こんにちは。

2日前に胃腸炎になりUTMF前の焦りを隠せないスタッフの中谷です。笑


少し遅くなってしまいましたが、先日3/30〜3/31にインナーファクトカップを開催させて頂きました!!



主にUTMFや彩の国、ビワイチに挑戦するという強者達が最後のロング練習にということで全国各地から参加いただきました!!

1周18kmD+1050mで、

カテゴリーを3周(54km)、5周(90km)、6周(108km)の3カテゴリーで開催!!

そもそもUTMF対策プレ大会ということもあって圧倒的に6周が多く、何れのカテゴリーも制限時間は23時間!!

100マイル最大の山場となる120km地点を迎える前にゴールとなるため、本当に調整として非常に良い距離とコース!!


しかしながら、ほとんどの人が3周回目までの天候が雨だった為、非常に過酷なコンディションでの大会となりました。


しかし、逆に言えばUTMFでの昼夜の気温差を想定するには非常に良い練習となったのではないかと思います。


そんな中、3周目ぐらいから多くの人が陥った現象として衝撃的だったのは、「胃が気持ち悪くて食べられない」「眠気が酷くて進めない」という人が続出したことでした!!

UTMFを想定した場合、まだ3分の1しか進めていない状況下でまさかこんなにも早くこのような症状に陥る人が多かったことにビックリしました。


結局蓋を開けてみると、6周部門の完走者は5人でした!!



完走した選手の共通点は、とにかくしっかり食べていたことと常に前向きで精神的にゆとりがあったこと。


そして、途中リタイヤした方々と話しをして分かったことは、100マイルに対する経験はもちろん無いし、そもそも100マイルの知識って本当に知らない人が多いんだということでした。


・補給に対する知識不足→胃が気持ち悪くなった時や食べられなくなった時どうすれば良いのか。そうならない為の対処方法は?

・睡魔に襲われた時の対処方法は?

・ウェアリングに対する知識不足→UTMFは朝晩と昼間の気温差が20度以上ある。そんな中低体温症や脱水にならない為の対策方法は?


以上3点の知識が不足している人が非常に多く、それが原因で今回のインナーファクトカップ(90〜108km)に参加された方もDNF(途中リタイア者)がほとんどでした。

100マイル最大の山場である120〜130km地点を迎える前にこ…