投稿

3月 15, 2018の投稿を表示しています

ロングレース、ミドルレースにおけるザックの提案Part2《UTMF、STY、奥三河、比叡山、鯖街道、フェアリーなど》

イメージ
こんにちは。
スタッフの中谷です。

今回は前回のザックの続きですが、 ロングレース(UTMFなど)や、 ミドルレース(STY、奥三河、比叡山、鯖街道、フェアリーなど)でハイドレーションを使わずに走りたい方に向けてオススメのザックとして、サロモン SENSE ULTRA シリーズのザックの商品説明と使い勝手の良さをお伝えいたします。

容量に応じてどのレースにより適切かが変わってきますので、
今回はその辺りも含めて、お伝えさせて頂きます。


まずは、僕もUTMFで使用予定のこちら!!


こちらのザックはレーシング使用でとにかく軽量!!

500mlの専用フラスクが2つ付属されています!!



重さ約110gで、ザックを背負っているような感覚はなく、むしろ着ているようなベストタイプのザックです。


一見容量がそんなに入らないように見えますが、かなりの伸縮性があり、いくらでも詰め込んでしまえるんじゃないかと思うほど沢山収納できます。

更に、収納に関しても本当によく考えられていて、シェル、レインウェア、救急セット、行動食等、収納箇所をうまく分散させるパッキングの仕方次第で本当に便利に使えます。
特に特徴的なのは、前面のフラスク収納スペースの前にある伸縮性のあるポケット!!
このポケットがかなり大きくて、沢山の行動食を手の届く出し入れしやすい位置に大量に入れられ、これが本当に使い勝手が良いです。
※以下写真参照




こんな感じで、かなり便利にたくさんの物を収納可能です!!


ちなみに僕は、、、



という感じで、


大体のミドルレースを全てこいつで行ってます!!

非常に重宝してるザックです!!





あえて問題点をあげるとすれば、ハイドレーションが使える仕様になっていないことと、
かなりレーシング仕様なので、こちらのザックを背負って普段使いをするのは難しいということ。
いくらトレラン好きとはいえ、僕はこのザックでオシャレな店に入る勇気はありません。笑

その2点を除けば、レース仕様のザックとしては最高のザックだと思います!!





更にこのサロモンのザック、上で紹介したのは8Lですが、5L、2Lのモデルもあります!!

構造はほとんど同じで、前面と側面の作りはほぼ同じで、後ろの容量が違うだけです。



こちらが5Lのザック!!
背面部分の容量が少し少なくなった感じで、サイドがファスナーポケットのみになってます。


背面部分は…