投稿

3月 3, 2018の投稿を表示しています

トレランポールまとめレビューどのポールが最強か?いろいろ使った結果・・・

イメージ
みなさまこんばんは。代表田口穣です。

あまり使わない人も多いかもしれませんが、今日は訳あって・・ポールのレビューです。
うちには優秀なスタッフ?がいますが彼らはポールについては全くわかりませんし使う事もありません。
そもそも日本のトレイルランニングシーンで使えるレースは少なく オンタケ100k 100マイル ハセツネ(中盤以降) 上州武尊(後半) KOUMI
他にもあるかもしれませんがこんなところでしょうか?
今回紹介しないといけないわけは・・自分がこれ一生使おうと思っていたポールブランドGUIDETTIのトレイルランカテゴリーを他のブランドに移管してしまったためにポールが廃盤になるという事態となったため早めにお知らせしないと~となったためです。
結論から先に! グイデッティ ウルトラライトカーボンポール 1本90g
トルデジアン330kで122センチを使ってみた感想として 今までこんなポールは使ったことなかった! もはやこれ以外のポールには戻れない。
そんな感覚でした

私・・大学4年間でスキーをクラブでやっていて、年間100日ほど勉強もしないで滑っていました。(しかも4年も)大会に出ないときはスキー場のスキー学校でインストラクターの仕事をさせていただき、1級 2級の検定の事前講習をしたり、前走をさせてもらったりしていました。(今となっては残念な腕前になってますが・・)
得意種目は不整地小回りで特にストックワークが重要な種目でありました。 なのでストックは結構うるさいつもりです。
ストックって重量も重要ですがそれだけじゃなくてバランスが重要だと思っています。 そして折れないポールはないと思います。 今までいろんなポールを使ってみてある種の結論が出ましたので以下書きます
ちなみにすべてのポールをしっかり使い込んでのレビューです。
今年海外レースに出たりアルプス縦走に繰り出す方に1本目としておすすめしたいポールとしては以下の2本

1、シナノトレランポール13.6 3月発売のカラーもありますが買って間違いない商品です
この製品のいいところ
●価格は高めだが、軽量な部類に属し継ぎ目に出来がちなカタツキが出にくい。
※普通のストックは組み立てる関係上 ゆとりを持って作らないといけないのでカタツキが出る。

●アルミなので曲がるが折れにくい 折れても直してもらえる安心感があります。
迷ったらこれをチ…