投稿

12月 6, 2017の投稿を表示しています

冬場のレースウェアの工夫

イメージ
みなさまこんにちは!!
トレイルフェストRC スタッフの中谷亮太です。

寒さも本格的になり、毎朝布団から出るのも困難な季節。
しかし、この季節こそマラソンシーズンの到来ですね。
また、数が少なくはなりますが、トレイルランニングの大会も各地で行われています。

そこで、こんな寒い季節のレースウェアに悩まれる方も多いと思いますので、今回は僕なりのレースウェアの工夫点をいくつかお伝えしたいと思います。


いきなりですが、先週走った福知山マラソンを例にするとこんな感じで走りました!!

では、工夫点をいくつか解説。

まずは、僕が最も重要だと思っているインナーから!!


一番下は間違いなくこれでしょ(笑)

僕は個人的にタンクトップが好きなのでタンクトップを着ていますが、別にノースリーブでも半袖でも問題ないです!!

実はこの商品、トップ選手の中でも最も多く愛用されているインナーの1つなのですが、「何がそんなに良いの?」って思われる方の為に説明いたします。

こいつのスゴいところは、身体から出た汗を透き通るようにこのインナーの外に出してくれることと、その汗を内側に戻さないこと。つまり、出た汗をこのインナーの外側に出しっぱなしにしてくれるということです。

そもそも、
競技中汗をかくというのは、体温が上がり暑くなったから起こる現象で、汗をかいているその時はいいですが、汗をかいた後、この汗が衣類に吸収されることで汗冷えをしてしまい、それが実は一番の寒さの原因になります。

このファイントラックのパワーメッシュは、その汗冷えや体温低下を防止してくれる最高の一着で、恐ろしいほどの速乾性を兼ね備え、特に長い時間競技する場合や、気候や気温変化の激しいこの時期のマストアイテムとも言えると思います。


次にこの時期必需品なのが、アームスリーブ(アームカバー)!!
これもこの時期のマストアイテム!!

上着を着ると走っている途中に暑くなる。でも半袖やノースーリーブだけじゃ寒い。これが、この時期のレースの一番の悩みどころ。

そこで重宝するのがこのアームスリーブです。
アームスリーブを着用することで腕の部分は長袖を着たのと同じような効果を得られます。

また、アームスリーブを付けて暑いと感じることは少ない季節になってきましたが、もし暑いと感じた場合は、手首側に下ろしてあげれば良いので、秋春の季節でも十分使えます。

別に…