投稿

5月 14, 2018の投稿を表示しています

実録!比叡山インターナショナルでの唯一の失敗はコレ!

イメージ
日本ノミナサン、コンニチハ!




ショウジ・シェルパデス。






※世界のトップトレイルランナー、
サンゲ・シェルパさんと僕の格好が似てると社長が発見しました。笑
いじってごめんなさい。















というわけで、12日に行われた比叡山インターナショナルトレイルランに参加してきました。







もちろん50キロの部です。





目標は20位以内に入りたかったので、

6時間半切りを目標タイムにして、つぶれても7時間半以内という想定でいました。


そして、暑さがあるので奥三河と同じように全体的に20分~30分は遅くなると思い、

7時間切り、つぶれても8時間以内にゴールすれば結果はついてくるだろうと思っていました。




















結果は、





















7時間00分00秒








う~ん。

ゴールした時は6時間59分59秒だと思ったんですが、、、笑









まぁ、、、ピッタリ賞ということで。。。





走っているときは順位が全く分からなかったのですが、

ゴールして社長から順位を聞かされた時は自分が一番びっくりしました。





まさか、一桁の8位で帰ってこれるとは・・・。


























でも、ここまで計画が予定通りに、

そして、自分の持てる力を存分に、

というか自分の力以上のものを出せたのはいろいろな要因がありました。


数日経って、冷静になった頭で考察をしていきたいと思います。



途中、グロテスクな写真等がありますのでお気を付けください。笑

ダサくて、恥ずかしいですが、リアルな僕をさらけ出したいと思います。






考察①完全ホームの空気感をプラスに。

お店から一番近いところで開催される、関西最大級のトレイルランニングの大会である、
比叡山インターナショナルトレイルラン。

非常に多くの方が、ランナーやボランティアスタッフ、沿道の応援にいらっしゃって、
ごっついホーム感。笑

レース前からお店で、

「荘司君出るんやね!頑張って!○○エイドで応援してるから!」

とか

「50キロ僕(私)も出るんですよ!頑張りましょう!」

とか

たくさんの方が関わっているというのが非常に伝わってきました。






ダサくて、あまり書きたくないですが、

正直、大会前日までこれがプレッシャーでした。笑


「たくさんの人が見てる前で下手な走りはできひんぞ。」


「お店でジェルのセット組みしてるくせに、自分補給ミスってたら話にならんやん。」


「店のチームイベントである比叡山講座の人に負けたら、『やっぱりお留守番の人は遅いな』って舐めら…